カテゴリ:08・冬・金沢で・・・( 4 )

東茶屋町の懐華楼

築180年の艶やかな建物の現役のお茶屋さんが営業をしているとガイド本で読んで、面白そうと思い行ってみました。
昼の時間の建物内の見学と、紅柄格子の喫茶スペースでのお茶屋カフェをやっていました。
夜は今でもお茶屋さんとして営業しているそうです。

f0012154_16253257.jpg

なんともユーモラスな襖絵の前でしばし立ち止まって、隅から隅までじっくり鑑賞。
畳の縁がなんと桃色!

f0012154_16255389.jpg

そしてお部屋の壁の色は紅色です。う~~む・・・

f0012154_16262084.jpg

建物にのいたるところに凝った意匠が施されて、贅を凝らした華やかなお茶屋文化を垣間見ることが出来ます。

f0012154_16263419.jpg
f0012154_16264963.jpg

この紅柄格子のお部屋はカフェとして開放されています。
中からは表がうかがえて、表からは中が見えにくい構造なのだそうです。

格子の上部には現役の芸妓さんの名前が朱色で書かれた団扇が並べられています。
一つ一つお名前をおっていくと、それぞれの芸妓さんのお座敷着姿が思われます。
みてみたかったですねぇ。

f0012154_1627360.jpg

和服の美人さんが運んでくださったお薄と何かの賞を取ったというお菓子で一休み。
金沢のお茶屋さんの雰囲気をほんの少しだけ味わって、今回はご馳走様。

f0012154_16271581.jpg

by junko73oz | 2009-01-12 22:01 | 08・冬・金沢で・・・

加賀料理 「杉の井」

factory zoomerを出て犀川沿いの道を歩いている時、偶然通りかかった料亭「杉の井」に直接夕食の予約を入れて、ひとまずホテルに戻って一休みしてから、加賀料理をいただきに出直しました。

f0012154_22525131.jpg
f0012154_22531384.jpg

f0012154_2254254.jpg
f0012154_22544010.jpg

さすが輪島の漆器や九谷の器がどれも上等です。
うちでも、仕舞い込んでいる器をお正月には出して使いましょう。という気になりました。

f0012154_22545324.jpg
f0012154_2255876.jpg

加賀料理といえば、この治部煮ですね。本場でコレを頂いてみたかったのです。
具材は、鴨・すだれ麩・しいたけ・裏が紫色の菜っぱ(名前を忘れてしまいました)など。

f0012154_2255319.jpg
f0012154_22554570.jpg
f0012154_2256111.jpg

香箱がにというそうです。ズワイのメスで、卵がいっぱい入っていて珍味でした。
思いのほか食べ応えがあってびっくりしました。

f0012154_22571026.jpg
f0012154_22572987.jpg

炊きたての菜飯は、とても美味しそうでしたが、おなかいっぱいでギブアップでした。
お土産用に折り詰めして下さったので、翌日車の中でおなかが減ったときに大いに役立ちました。
f0012154_22573880.jpg

f0012154_22575370.jpg

仲居さんのお勧めの葛きりを頂きました。
作りたて20分以内が食べごろだそうで、舌触りはつるりんで、歯ざわりはふんわりの美味しい葛きりでした。

f0012154_2258612.jpg

食事が済んで表へ出ると,静かな犀川沿いの小路に古い料亭の灯りが浮かんで素敵な風情でした。

f0012154_22583085.jpg

この食事の時には相方はすでに体調悪しで、ほとんど何も食べられなくて、仕方がないので私がほとんどのお料理を二人前ずつ頂きました。
この写真を見ると、相方は今でも気持ちの悪さを思い出すので、みたくないそうです。
美味しかったのにねぇ~~笑
by junko73oz | 2008-12-28 11:33 | 08・冬・金沢で・・・

21世紀美術館 『まちに開かれた公園のような美術館』

金沢を訪れたもうひとつの理由がこの美術館です。
この美術館敷地内へは三方の道路のどこからでもアプローチ可能で、正面・裏の区別のない円形のガラス張りの建物が明るく開放的な印象です。

コンセプトは「だれもがいつでも立ち寄ることができ、様々な出会いや体験が可能となる公園のような美術館」だそうで、夜間開館や庭園に向かって開放的に設けられたレストランなど利用者ニーズにも対応しているようです。
夜の美術館って、いいですよね。
ゆったりとした気持ちで回れて、感動を抱いたまますぐに寝られる!笑

f0012154_8151443.jpg

外壁や内部の壁面に多用されたガラスを通して、内と外が互いに気配を感じることでふれあいと情報交換の機会を提供しているように感じました。

ここでは皆さんが池のようなものを覗き込んでいるのが見えて、「ああ、これが、あれだな~♪」
f0012154_8153332.jpg

覗いて見ると、プールの底を何かリーフレットのような白いものを広げた人が歩いて行くのが見えました。

f0012154_8155751.jpg

プールの底へまわってみました。

f0012154_8161178.jpg

プールの底から水面を見上げると、こんどは底をのぞく人がゆらゆらと・・・

f0012154_8162753.jpg

ヤコブセンのスワンチェアが、色とりどりに揃えられた美しくてとてもリッチな空間は、美術書の閲覧室で、誰でも自由にこの椅子に座って現代アートに触れることが出来ます。

それにしてもこの椅子、セールでも一脚30万円以上していましたから、お買い上げの前にここで座り心地をたっぷり試してから~☆と、いう使い方も出来ますね。

アートな座り物 No・1
f0012154_8164678.jpg

アートな座り物 No・2
f0012154_817719.jpg

「これが、あれね。」
お決まりの空の写真を私も撮ってみました。今日の空は柔らかなアイスブルー。

f0012154_8173036.jpg

アートな座り物 No・3
f0012154_8174936.jpg

f0012154_818664.jpg

アートな座り物 No・4
f0012154_8183485.jpg


建物の外側に面した回廊を一周すると、この美術館の活き活きとした在り方が伝わってきました。
子供たちが工作した作品がピンナップされた工作室や、市民参加のアート展などが仰々しくなく当たり前に点在していて、それを眺めながらそぞろ歩いていると、ここはいいところだなぁ・・・と感じました。
by junko73oz | 2008-12-19 07:39 | 08・冬・金沢で・・・

「factory zoomer」で辻和美さんに会いました~

金沢21世紀美術館と「factory zoomer」を訪ねようと、東京→大阪→金沢→東京を二泊三日で、毎日約500キロの距離を走る抜けるという、中年夫婦にあるまじき暴挙をまたまたやってしまいました。
結果、二人で疲労困憊ヘロヘロになってやっとの思いで帰宅、熱まで出て即寝込んでしまいました。笑

しか~し、目的はちゃんと達成できたので、今回の旅行は大成功でした。

f0012154_21182132.jpg

「factory zoomer」を訪ねたのは、もちろん辻和美さんのガラスをいろいろ拝見してみたいという理由からです。
犀川のほとりにある、民家を改築したかわいらしいお店に入ってみると、イベントの最中のようで棚にはアンティークが並べられていて、
あれぇ~?辻さんのガラスがない・・・
奥の壁面には色ガラスのシリーズが装飾的に並べられているのですが、私が今回欲しかったのは透明なカットグラスです。
お店の方に、辻さんのガラスは?とお聞きすると、福岡の展覧会に全部発送してしまい今はほとんどないとのこと。

f0012154_21183599.jpg

しょえ~~!はるばる金沢まで来たっていうのに、一個もないなんて。
そこで、金沢のどちらかで辻さんの作品を見ることが出来るお店はないですかとお聞きすると、作品集を見せてくださったのですが、
これはイメージ的なもので自分で言うのもへんなんですが、もっとわかりやすいリーフレットを作らないといけないと・・・
えっ?
自分って、もしかしてこちらの方が辻さん?
はい、辻です。
しょえ~。私、辻さんのガラスのファンです。
作品を見たくて東京から来たんですよ。
すると、辻さん大きく手を広げ、まぁ~うれしいと言いながら、小さな私をハグしてくれました。
お店でコーヒーを運んでいらしたので、ご本人とはまったく思いませんでしたというと、
はい、コーヒーも運べばガラスも作ります。土日はここで、月~金は工房です。と、おっしゃっていました。

そしてちょっと待ってねと言い残して、しばらくするとどこからかガラスをいくつか持ってきてくださいました。
ご自分がお好きな作品を勧めて下さったので、そちらを連れて帰りました。
他の欲しい作品は注文すれば、2ヶ月ほどで届けてくださるとの事でした。

辻さん、細身で長身、おしゃれで明るくとてもフレンドリーな方でした。
私、ますます辻さんのファンかも~。

f0012154_21191249.jpg

そして、何でもなさる辻さんは、今度はコーヒーを一杯ずつ丁寧に淹れてくださいました。
美味しいコーヒーでした。

f0012154_21193324.jpg

by junko73oz | 2008-12-15 23:19 | 08・冬・金沢で・・・


インディアンカントリーへ          


by junko73oz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インディアンとカウボーイ
ウチナーンチュ
陶芸睦月
いづみ先生のお料理教室
れいこ先生のLove Letter
hand made
eat
ひるめし前
くらし
あっちこっち
tableware
クリスマス
きのこの山  (1~5)
06・晩夏・上高地で・・・
06・冬・沖縄で・・・
07・春・タイで・・・
07・春・京都で・・・
07・夏・八重山で・・・
07・晩秋・沖縄で・・・
08・春・沖縄で・・・
08・夏・サンタフェで・・・
08・冬・金沢で・・・
09・夏・サウスウエストで・・・
09・秋・ベトナムで・・・
10・春・北東北で・・・
10・春・陶器市で・・・
10・夏・信州で・・・
10・冬・フランスで・・・
11・春・京都と山陰で・・・
11・初夏・信州で・・・
11・夏・沖縄で・・・
11・秋・デンマークとフランスで
12・春・沖縄で・・・
12・夏・沖縄で・・・
12・晩秋・USA東海岸で・・・
未分類

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

ナギヲWorks
小さな哲学~雑想の世界
coruha*のへそ 
stew stew st...
イギリスからヒトリゴト
立呑屋
陶芸 睦月
きままなクラウディア
ガラス工房 橙
ひびこれ・Hibikor...
工房 「一閑」 気まま通信
ナイル商会
ヒマでも食べる
Canvas cooki...
水色の雨
華猫風海
ミルクムーン
ココロ写真
散歩のように旅
食卓の風・・・
裏sanpon
パリ近郊のカントリーライフ
Azumi'sDiary
☆スターフルーツの木の下で☆
ありがとう 人生!~me...
Souvenir~散歩写...
KazのNY庭生活 2
Le Perline ビ...
気ままな読書ノート、絵手...
イギリスのティーウエアー...
施基彩々
nice!nice!nice!
ゆうゆう時間
旅空日記(写真家・三井昌...
クールドミール
パン教室 SpazioF...
+ mellow-stu...
MONO STYLE +
針仕事職人の気ままな仕事場
アメリカ大自然 米国ラス...
peddyのくまちゃん ...
Vie tranquille
 jeudi 日々の暮らし
天までとどけ♪この暮らしっぷり
Butterfly Life
匙屋より
レンガの小径
LIVINGから
もしもし、聞いてください

外部リンク

出雲の旅行情報

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
ハンドメイド

画像一覧