「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:11・春・京都と山陰で・・・( 7 )

出西窯

わたしの旅行の楽しみのひとつは
訪れた地方のギャラリーを訪ねたり陶芸作家さんの窯元を訪れること。

春の京都・山陰旅行の最後の日、
岩井窯の山本教行さんも修行された島根県簸川郡の出西窯に行きました。

f0012154_7334620.jpg


柳宗悦氏の民芸の教えにそっての野花のように素朴で健康な
暮らしの道具として人々に喜び使われる美しい器を作ることを志す
5人の陶工さんたちが集り築窯したことが出西窯の始まりだそうです。

f0012154_7335753.jpg


販売されている器はシンプルモダンなもので、
ここでも一つだけ中型の鉢を購入してきましたが
釉薬の白に口紅の鉄がわたし好みのアクセントになっていて
大きさ・重さ・形など使用感のとてもよいもので気に入っています。

f0012154_7343838.jpg
f0012154_7345175.jpg


大きな工房では若い陶工さんが何人もそれぞれの作品作りに取り組んでいて
そっと作業を見学していましたら、作業についてそれぞれの方がいろいろ説明してくださり
皆さんの仕事に対する熱意が伝わってきました。

作業の手際のよさと作品の完成度を見ると
やはりプロの仕事はわたしとはまったく違うななどと
当たり前のことにしみじみ感心しました。

屋根つきの6室の登り窯も見学できました。

f0012154_7402241.jpg


登り窯を見たら、もっと大きな登り窯のある風景を急に思い出しました。
沖縄、ずいぶん行っていないなぁ。
沖縄へは車でビューンとは行けないところが
余計に郷愁をそそります。

あれっ?なんで沖縄の話になっちゃったんでしょう。
by junko73oz | 2011-05-12 22:36 | 11・春・京都と山陰で・・・

イノダコーヒー

京都では、嵐山で早朝の桜見物をした後
朝7時から営業しているイノダコーヒーへ。
学生の頃、友人たちと「an an」を手に初めて行って以来です。
(当時、アンアンやノンノを手に京都や萩・尾道などを旅する女子をアンノン族と呼びました。笑
私は創刊号からの愛読者でしたが、最近は興味が薄れてしまいました。あぁ~、、年だねぇ。)

f0012154_831040.jpg


小雨が降ったり止んだりのお天気でしたが
さすが桜の花が満開の京都です
開店からまだ15分しか経っていなかったのに
お店のテーブルはもう埋まっているようで
ウェイティングの方が5~6組も!

f0012154_833656.jpg


けれどさすがは老舗のコーヒー店
いつもは10時位から開く小さなティールームもテキパキと準備して
10分ほどでテーブルを用意してくれました。
↓これはテラス席です。晴れていたらここがよかった。

f0012154_83496.jpg


ワンプレートの朝食セットは好みの卵料理が選べて
ボリュームたっぷりでおなか一杯、美味しくいただきました。

f0012154_84556.jpg


帰りにはコーヒー好きのお留守番家族のお土産に
レトロな缶に詰められたコーヒー豆を購入しました。
by junko73oz | 2011-04-22 06:09 | 11・春・京都と山陰で・・・

足立美術館

f0012154_21814.jpg


友人の間でもとても評判のよい足立美術館の日本庭園。
わたしも訪れてみたいと思っていましたが、やっと念願がかないました。

f0012154_2181613.jpg


きちんと刈り込まれた植栽と枯葉一枚落ちていないように見える白砂の庭。
素晴しく手入れの行き届いた庭は、
白糸を引いたような水の流れを取り込むことで
より豊かに日本の四季を展開していくことでしょう。

f0012154_2183279.jpg


壁を抜いて生きた額絵として景色を取り込む企み。
やはり秋が美しい?雪景色もいいでしょうね。

f0012154_2184467.jpg


遠山を借景として広い庭園にさらに広がりをもたせた意匠の巧みさ。
さすがは外国の方たちから日本一の評価を得た素晴しい庭園でありますが
私の共感は薄く、なぜだろうと考えましたが
思いついた理由は、ここまで広大な庭が
造りこみ過ぎ、整いすぎていて面白くないというところ。
造りこむなら坪庭程度、広い庭なら自然に任せて、そんな感じが好きなのでした。

あと百年、経ったらどんなでしょう。
by junko73oz | 2011-04-20 08:01 | 11・春・京都と山陰で・・・

出雲大社へ

f0012154_6585043.jpg


松の参道には白い玉砂利が敷き詰められ
カシャカシャと玉砂利を踏んで歩いていると
神聖な場所へ続く静謐な空気を感じました。


平成の大遷宮が執り行われる最中ですから
ご本殿は工事のため拝観できませんが
思い立ったが吉日と出雲大社詣での予定を立てたのが
2月のはじめでした。


f0012154_65887.jpg

それからあの大震災が起こり、
今回の企画は見送ろうかとも思いましたが
車で外出することが唯一の楽しみの母のこともあり
私も一生の内一度はおまいりしてみたいと思っていた場所でもあるので
思いきって出かけることにしました。

神楽殿の美しい大注連縄に心が引き締まりました。

f0012154_6591097.jpg

古木に結ばれたおみくじには
それぞれの望む「縁」の祈願が込められているのでしょう。

f0012154_773464.jpg

大国主大神は幸魂(さきたま)・奇魂(くしたま)のお陰をもって
生きとし生けるものすべてが幸福になる「縁」を結ぶ
ムスビの大神でいらっしゃいます。

さきたま くしたま
まもりたまひ
さきはへたまへ

この大震災で被災された方たちに
どうか、幸せな未来とのご縁を結んでくださいますように。
by junko73oz | 2011-04-19 08:33 | 11・春・京都と山陰で・・・

大原寂光院へ

f0012154_202348100.jpg

都をどりまでの空き時間、一寸足を伸ばして大原の里まで行ってみました。

大原の寂光院に初めて行ったのは多分中学の修学旅行のとき。
得意だった古文の授業で平家物語の大原御幸を暗誦する宿題が出ましたが、
文章の美しいリズムと目に浮かぶ色彩に助けられ
苦労なくテストをパスできました。


f0012154_20242147.jpg


それから何度か訪れましたが、ここ20年くらいは足が遠のいていました。

f0012154_2024376.jpg


茶室への入り口。
苔むした屋根に雨のしずくがたまってぽたりぽたりと落ちる様子は見ていて飽きません。

f0012154_20245527.jpg


庭の若草しげり合ひ、青柳糸を乱りつつ、
池の浮き草波にただよひ、錦をさらすかとあやまたる。
中島の松にかかれる藤波の、うら紫に咲ける色、
青葉まじりの遅桜、初花よりもめづらしく、
岸の山吹咲き乱れ、八重たつ雲の絶え間より、
山ほととぎすの一声も、君の御幸を待ち顔なり。

平家物語、大原御幸の段の一節です。

2000年5月9日未明に発生、
本堂を全焼して堂内の重要文化財「木造地蔵菩薩立像」(鎌倉時代)にも
大きな損傷を与えてしまった火災によって、
千年といわれる中島の松も枯れてしまいました。

以前の姿を出来る限り残したといわれる本堂ですが、
記憶とはかけ離れた佇まいになっていました。

諸行無常。
by junko73oz | 2011-04-16 07:23 | 11・春・京都と山陰で・・・

岩井窯

f0012154_7133959.jpg



以前からこの方の土鍋が気になっていて他の作品も実際に見てみたいと思っていた
山本教行さんの岩井窯(鳥取県)を訪ねてみました。
山本教行さんは、バーナード・リーチ氏との出会いによって陶芸家を目指し
出西窯(島根県)で修行された後この場所で作陶を続けられている作家さんです。
日用品としての用を満たす器の形状や触覚を重んじる民芸運動の流れをくむ作家さんですから
生活雑器としての器のデザイン・使用感については歴史が裏づけしているといってよいでしょう。

f0012154_23383153.jpg



岩井窯は広い中庭を囲むようにいくつかの建物がゆったりと配置されていて
沖縄で訪れたことのあるいくつかの工房を思い出すような
のどかだけれど端正な印象の場所でした。

その建物の一つで先ずはドライブの疲れを癒す美味しいあんみつをいただきました。

f0012154_7142830.jpg



そして奥様が手作りのかんきつ類のピールを運んできてくださり
いただいてみましたがこれが又さっぱりとした甘さでとても美味しく
残りをお土産に頂戴して帰りました。

f0012154_715237.jpg



シンプルですがきちんと主張のあるデザインで使い勝手のよさそうな器が沢山。

f0012154_7152871.jpg
f0012154_7154776.jpg



好みの作品は沢山ありましたが、
作家さんの工房を訪ねて一番好きになったものを一つ手に入れて楽しむ
そんなテンポがよいと思いますので、
何年がかりかでやっと実物に出会えたあの土鍋!を選びました。

作家さんご本人は残念ながら銀座松屋での個展のため上京中でご不在でしたが、
奥様がいろいろお話をしてくださいました。
食事どころや甘味処なども、ご家族で経営していらっしゃるようで
なんともうらやましい暮らし。

楽しい時間をすごさせていただきました。
by junko73oz | 2011-04-14 23:22 | 11・春・京都と山陰で・・・

京の春 

f0012154_13333593.jpg

今年も両親とともに、さくらを訪ねる旅をしてきました。
当初の目的地は山陰でしたが、道中で京の桜と都をどり見物も。

嵐山の見物は早朝に限ると日頃より思っていますので、今回も六時過ぎに到着するようにしました。
降っていた小雨も丁度止んで、滴をたたえたさくらの美しさを楽しみました。


f0012154_13334376.jpg

平安神宮は今まで朱色の神殿を眺めるだけでしたが、神苑の栖鳳池にかかる泰平閣の美しさに初めて触れました。

f0012154_13342790.jpg

一つだけ願い事を書いた薄紅色のおみくじを結びつけると、桜の花が咲いたように。
平安神宮の花みくじです。


f0012154_13345238.jpg

紅しだれの下に、白無垢の花嫁姿が映えます。
お幸せに。

f0012154_1512263.jpg

京の桜といえばやはり紅しだれ。
夢もいざよう紅さくら。

f0012154_1514097.jpg

甲部歌舞練場では都をどりが開催中です。

f0012154_152683.jpg

芸妓さんの立礼式のお手前です。
半東さんはだらりの帯でおひきずりの舞妓さんでした。

f0012154_1523460.jpg

団子つなぎの茶碗と皿で供せられるお薄と薯蕷饅頭。
お皿はお土産としてお持ち帰りできます。
あんこが美味しいなと思ったら、虎屋さんのでした。納得です。

f0012154_153116.jpg

都をどりは、よーいやさぁー
かわいい掛け声で幕が開き、美しい京の四季絵巻が繰り広げられます。

f0012154_1533170.jpg

初めて都をどりを見た父も綺麗なもんだねと、楽しんだようでした。
しかし、我相方はほとんど寝ていました。
和の綺麗どころには興味がうすいようでした。

この後は村上重にお漬物を買いに行って、
年に一度は食べることになっている大阪粉浜の愛しのお好み焼きやさん「白樺」で満腹までお好み焼きと焼きそばを食べた後、くるみ餅を三皿平らげて長い一日が終了。

って事はなく、大阪の親友と気絶寸前の夜中までおしゃべりして、ヘロヘロになってホテルに帰って爆睡しました。
なかなか会えなかった親友とたっぷりおしゃべり、東京での緊張気味の日々から一寸開放されたひと時でした。
一日で三日分くらい遊びました。
by junko73oz | 2011-04-12 22:30 | 11・春・京都と山陰で・・・


インディアンカントリーへ          


by junko73oz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インディアンとカウボーイ
ウチナーンチュ
陶芸睦月
いづみ先生のお料理教室
れいこ先生のLove Letter
hand made
eat
ひるめし前
くらし
あっちこっち
tableware
クリスマス
きのこの山  (1~5)
06・晩夏・上高地で・・・
06・冬・沖縄で・・・
07・春・タイで・・・
07・春・京都で・・・
07・夏・八重山で・・・
07・晩秋・沖縄で・・・
08・春・沖縄で・・・
08・夏・サンタフェで・・・
08・冬・金沢で・・・
09・夏・サウスウエストで・・・
09・秋・ベトナムで・・・
10・春・北東北で・・・
10・春・陶器市で・・・
10・夏・信州で・・・
10・冬・フランスで・・・
11・春・京都と山陰で・・・
11・初夏・信州で・・・
11・夏・沖縄で・・・
11・秋・デンマークとフランスで
12・春・沖縄で・・・
12・夏・沖縄で・・・
12・晩秋・USA東海岸で・・・
未分類

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

ナギヲWorks
小さな哲学~雑想の世界
coruha*のへそ 
stew stew st...
イギリスからヒトリゴト
立呑屋
陶芸 睦月
きままなクラウディア
ガラス工房 橙
ひびこれ・Hibikor...
工房 「一閑」 気まま通信
ナイル商会
ヒマでも食べる
Canvas cooki...
水色の雨
華猫風海
ミルクムーン
ココロ写真
散歩のように旅
食卓の風・・・
裏sanpon
パリ近郊のカントリーライフ
Azumi'sDiary
☆スターフルーツの木の下で☆
ありがとう 人生!~me...
Souvenir~散歩写...
KazのNY庭生活 2
Le Perline ビ...
気ままな読書ノート、絵手...
イギリスのティーウエアー...
施基彩々
nice!nice!nice!
ゆうゆう時間
旅空日記(写真家・三井昌...
クールドミール
パン教室 SpazioF...
+ mellow-stu...
MONO STYLE +
針仕事職人の気ままな仕事場
アメリカ大自然 米国ラス...
peddyのくまちゃん ...
Vie tranquille
 jeudi 日々の暮らし
天までとどけ♪この暮らしっぷり
Butterfly Life
匙屋より
レンガの小径
LIVINGから
もしもし、聞いてください

外部リンク

出雲の旅行情報

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
ハンドメイド

画像一覧