カテゴリ:11・秋・デンマークとフランスで( 25 )

パリの街歩き

Le Bonheur des Dames のクロスステッチキットを目当てに
パサージュ・ヴェルドーまで行ってみました。

f0012154_12382943.jpg

お店を探してパサージュを歩いて行くと、見覚えのあるホテルが目の前に現れて
「このホテルって、この前TVで見たホテルよね!
ほら、ホテルのオーナーが地下の通路を案内してパサージュの中の本屋さんとかに行く番組。」
ホテル・ショパンです。

パサージュ・ヴェルドーには地下通路があります。
その通路の天井にはお湯の通るパイプが設置されていて、
お湯で温められた温風をパサージュの床の空気口から出して
床暖房のようなシステムで暖房していました。
その地下通路でパサージュのお店はつながっているので、
カメラがホテルから地下に入って、通路にある小さな階段を登っていくと、
本屋さんの中に出て来るというような内容でした。

最近はTVで海外の町を紹介する番組が沢山あるので
旅行中一回は、デジャブか?と思うような光景に出会います。

f0012154_1236547.jpg


私より少し体力不足の相方はお疲れ(燃料切れにつきワインを補給)のようで
パサージュの入り口のカフェでお休みです。
私は、Le Bonheur des Dames を探しに行ってウロウロ行ったり来たりしたすえ
やっとお店を見つけて目的を達成しました。
このパサージュも、かわいいスウィーツのお店やドールハウスのお店、
TVで紹介されていたヘラジカの角が飾られたステッキのお店など
魅力的なお店がいっぱいでした。

f0012154_12402544.jpg


買い物を終えてシャンゼリゼへ。
今回私は凱旋門の近くへは行く機会がなかったので、
遠くからでも一目見ておきましょう。

f0012154_1241181.jpg


シャンゼリゼのほうからコンコルド広場を眺めて、
前回ここで見たコンコルド広場はクリスマス時期で
キラキラと光る観覧車が勢いよく廻っていたことを思い出しました。

f0012154_12414939.jpg


それから、先日タイムアウトで買い残してきたバッグを購入するために
ジャマンのアウトレット店へ。
ここは本当にお買い得商品の宝箱です。
帰ってきてから考えても、お買い得感がパリで一番高かった良いお店でした。
と、パリ師匠の putit-Mさんと意見が一致しました。^^v

f0012154_12434414.jpg


この旅行からずいぶん時間が経ってしまったので、もう記憶が定かでなく
もっと楽しかったことも有ったような気もしますが、これくらいだったようにも思います。
行きそびれたお店も有るし、食べ損ねたものもあります。
それが無いと、次がないのです。
もう一回いきたいなぁ~。パリ~♪
by junko73oz | 2012-01-10 21:34 | 11・秋・デンマークとフランスで

セーヌ川クルーズ

パリへ何度も足を運んでいるパリ・アムールな友人たちが
みんな揃ってすすめてくださったセーヌ河クルーズ。
早起きの朝、お散歩をかねてエッフェル塔下の船着場へ向かってみました。

早朝のエッフェル塔に太陽が逆光に架かってダイヤモンド・エッフェルです。

f0012154_13271472.jpg


まずはチケットを買いに船着場へ。
そしてその正面にあるスタンドでサンドウィッチとコーヒーを買って
青空の下、埠頭に座って朝食です。
セーヌの岸辺でこの時期ゆっくり屋外で食事ができるのも、
とってもお天気がよくて暖かだったからです。
前回の大寒波でめちゃくちゃだった旅行の負けは完全に取り返しました!
それから始発の時刻まで、エッフェル塔を見物して過ごしました。
やっぱり青空がバックだと貴婦人も健康的に美しいです。
前の年には息の止まるようなみぞれ混じりの強風の中を、
今しか時間が無いと悪天候をおしてたどり着いた途端に
キラキラタイムが始まり、思わずわぁ~♪綺麗!!とため息をついたんだった。

f0012154_13274091.jpg


朝一番の遊覧船に乗ってパリの名所を廻ります。
美しいレリーフと黄金の彫像で飾られたアレクサンドル三世橋を抜け  

f0012154_20272277.jpg


恋人たちが錠前を掛けてその鍵をセーヌに投げ捨て、
永遠の愛を誓うポンデザール(芸術橋)にはセーヌを眺める人が沢山。 

f0012154_20275175.jpg


ノートルダム寺院って、セーヌ川からこんなに近くにあったんだぁ。
セーヌ川からのパリの名所の景観は、世界遺産に登録されているのだそう。

f0012154_21561555.jpg


みんなそれぞれにお気に入りのポイントでシャッターを切ります。

f0012154_2156347.jpg


ドゥーブル橋をくぐって、 

f0012154_2028825.jpg


美しいアパルトマン、いいなぁ、、、こんなアパルトマンの小さな部屋を借りて
せめて一年間、住んでみたいなぁ。

f0012154_21574994.jpg



f0012154_220492.jpg


そしてシテ島・サンルイ島を過ぎると、ぐるりとターンしてエッフェル塔まで戻ります。

すべての景色がパリそのもの!みんなが勧めて下さったことも納得の素敵な一時間でした。
次は良い季節に、ナイトクルーズかなぁ~♪
by junko73oz | 2012-01-09 21:12 | 11・秋・デンマークとフランスで

パリの4日目 ②  Musee Jacquemart-Andre

パリの4日目午後は、前日パリお買い物ツアーのナビを完璧にしてくれたかわいいMちゃんに
Love Letterの森先生と私からのお土産のキットの作り方をちょこっと解説。
それから相方と三人でランチに出かけました。

パリで食べたいものリストに載っていてまだ消化していないものを思い出して、
Mちゃんにリクエストすると、さすが!パリ在住歴5年の実力、
本場はモンマルトル モンパルナス(putit-Mさんのコメントで間違いに気づきました)
辺りなんですけどといいながらちょっと考えて、「じゃぁ行きましょう。」と歩き出しました。

途中、日本食店や中華屋さんが多く集る通りを通って10分ほど歩いていって
着いたのが小さいけれどとても繁盛している様子のガレット屋さんです。
そう、私はモンマルトルでガレットを食べるのを忘れてしまったのです。

f0012154_2313636.jpg


お昼を大分過ぎていましたが、お店は近くの会社にお勤めらしい人たちでいっぱいです。
一つ空いたテーブルに通してもらい、
食事のガレットとデザートのクレープにシードルとコーヒーの付いた
セットメニューをオーダーしました。
Mちゃんが一緒だとオーダーがスムースにできて、しかも間違いがない!
シードルは大きめのテーカップにたっぷり入っています。

f0012154_2312272.jpg


f0012154_23104860.jpg


シードルの認識が変わりました。
イメージより炭酸の量が少なくて、さわやかな飲み物というよりは
意外に濃厚な味わいです。
フム、フム、、これがパリのシードルですかぁ。
そういえば神楽坂のガレット屋さんでも、これ飲んだかもしれない。
私のイメージは、今はなくなってしまった大好きだったソフトドリンク「キリンシャッセ」
のさわやかなりんごの風味にしばられているようです。

とっても可愛らしいお嬢さんですが、Mちゃんはお勉強も暮らしもしっかりとしていて
将来の自分のイメージもきちんと持っているようです。
日頃私の前ではあまり女性を褒めない相方も「とってもいいお嬢さんだね。」と。
Mちゃんのおかげでパリが余計に楽しい町になりました。


夕方から授業に出るMちゃんとはパリでの再会を約束してさようなら。
楽しかったなぁ。ありがとう!

相方と私は二人でMちゃんおすすめの個人美術館へ出かけることにしました。


Mちゃんおすすめの「ジャックマール・アンドレ美術館(Musee Jacquemart-Andre)」は、
パリ8区にある美術館です。
「19世紀の銀行家(?)で大富豪のジャックマール&アンドレ夫妻の邸宅を
そのまま美術館にしたもので、当時のブルジョワジーの暮らしが垣間見れる
素晴しい展示ですよ。
サロンも素敵なので是非ティータイムを楽しんでくださいね。」
Mちゃんの言葉通り本当にリッチで素敵な邸宅でした。
吹き抜けの階段室と温室には釘付けになりました。
こういう空間にこそ、本当に豊かさが出るんですよね。

f0012154_995553.jpg

f0012154_9101666.jpg


サロンは優雅な空間でお茶を楽しむマダム・ムッシュでいっぱいでした。

f0012154_23142217.jpg


それからボンマルシェで生ハム・スモークサーモンとワイン、そのほかいろいろを買い込んで
ホテルの部屋でTVを見ながらのんびり夕食を楽しみました。
というか、疲れてまたしても半分眠りながらエネルギーチャージしました。
by junko73oz | 2012-01-07 10:53 | 11・秋・デンマークとフランスで

パリの4日目 ①

パリの4日目は、オランジェリー美術館から始まりました。
開館時間に合わせてホテルを出て

f0012154_2285355.jpg


ルーブル美術館を抜けて

f0012154_22101668.jpg


チュイルリー公園を散歩しながら

f0012154_23402690.jpg


美しい黄葉に染まった並木を歩くと映画のヒロインになった気分なのに
隣を歩く相方が全くロマンティックを解さないお方でして、
結局げらげら笑いながら歩くことに。高校生か?!

f0012154_7501320.jpg


噴水の周りには沢山の椅子が並べられていて
その椅子もここがパリと思うだけでお洒落なものに見えてきて

f0012154_7513881.jpg


何気ない装いの若い女性たちは背筋を伸ばした歩き方が
さらに美しさを増しているように思えて、私も気合を入れて背筋を伸ばします。
パリの50歳の女性はグレードの高い素材をさりげなく身に着けて
うっとり見とれてしまうほど素敵です。
若い女性は高価なものには無関心のように見えますが
当たり前のものを組み合わせながらも個性的。

人を見ているだけでも一日楽しく過ごせそうです。


f0012154_227349.jpg


そしてコンコルド広場の端っこにあるオランジェリー美術館に着きました。

f0012154_2348874.jpg


ここにはもちろんクロード・モネの最後の大連作『睡蓮』を見に来たのですが
6年間に及ぶ改装によって取り戻されたという、
設立当初の陽光に満ちた温室のような空間が楽しみでもありました。
あいにく曇り空でしたが、すべての睡蓮の池は柔らかなひかりに包まれていて
幸運にも訪れる人の少なかったこの日、
大きな連作の一つ一つの正面に立ち、重なる色彩の奥の奥まで心ゆくまで鑑賞する事ができました。

あぁ、フランスって本当にいいもの沢山もっているなぁ。
私が大好きな、コクトー、マティス、シャガールは一昨年たっぷり見ました。
今回はお買い物に走って、美術館がお留守になってしまいましたが
おかげで又絶対行こう!と楽しみができました。
by junko73oz | 2012-01-05 08:59 | 11・秋・デンマークとフランスで

Vent & Marée Saint-Honoré

残念なオペラ座バレー観賞でしたが、寝たおかげですっきりしました。
昨年の12月のパリとは大違いの気温で、外へ出ても11月とは思えない位の過ごしやすさです。

夕食何食べようか?と相談しながら、セーヌ河に沿って少し散歩して
相談がまとまって牡蠣を食べようということになりました。

通りがかりに見つけた魚介類専門のレストランに入ることに。

f0012154_20255483.jpg

隣のテーブルをちら見して、あれと同じものを!と注文。
タワーに乗った生牡蠣とムール貝つぶ貝それからカニなど。

f0012154_2026781.jpg


牡蠣は小粒で平たくて塩気が強く、東京で食べるものとはかなり違います。
けれど小粒な中に凝縮された味わいがぎゅっと詰まっていて、
レモンをたっぷり絞って口に入れると、昇天~♪
相方が選んだワインもとってもおいしく牡蠣に合う合う。
あっという間に平らげました。

f0012154_20272942.jpg


私の好物のロブスターには相方は全く興味なしなので、ラッキーにも独り占めです。
満足満足、満腹狸は腹鼓~♪(本当にぽんぽこやって呆れられました)

f0012154_20273756.jpg


マダムMさんに、パリでは絶対に牡蠣を食べてきてね!とお勧めいただいたこと
実際に食べてみて納得しました。
冬のパリ、最高のご馳走は生牡蠣で~す。
by junko73oz | 2011-12-28 15:32 | 11・秋・デンマークとフランスで

オペラ座の快眠

ジャマンでのお買い物を途中で切り上げた甲斐あって、開演には余裕で間に合い
美しい劇場の様子をゆっくりながめることができました。

f0012154_11325953.jpg


あれが「オペラ座の怪人」に出てきたシャンデリアね。
天井桟敷から見たらずいぶん近くに見えるんじゃないかしら。
など思いながら天井を見上げていると、頭の中でファントム・オブ・ジ・オペラの曲が流れ
なぜか突然シンバルゴリラが目に浮かび気が遠くなり、頭が後ろにがくんと行って
・・・寝てました。

きっと一日中歩き回った楽しいお買い物で一日のパワーを使い果たしてしまったんですね。

f0012154_11335183.jpg


あとはオーケストラの奏でる美しい曲をBGMにうとうと、、うとうと、、、うとうと、、、
シャガールの世界で幸せ・・・

f0012154_11334177.jpg


はっ!と気づいたらもじもじ君のような全身タイツの男性ダンサーが観客の喝采を受けていました。
あの、、、、私、全く見ていないって訳ではないと思うのですが、
見ていなかったのかもしれません。

ところで相方はどうしたんでしょう?
彼もまた一人で過ごした時間、凱旋門の階段で体力を使い果たしていたそうです。

全く、もう!!
折角のオペラ座ですよ。二人ともガァ-寝ってことはないでしょう。
去年の「白鳥の湖」は、ちゃんと見ることができたんですけどねぇ。


f0012154_18214458.jpg


オペラ座で爆睡していた日本人の二人連れ、誰かの話のネタになってないかなぁ。
あぁ、はずかしい。
by junko73oz | 2011-12-27 18:25 | 11・秋・デンマークとフランスで

パリの3日目

パリ3日目は、楽しみにしていたパリ在住の若~いお友達とのデートの日です。

フランス語ちんぷんかんぷんで、お買い物に行っても思うようにならないし
メニューを見てオーダーしても運ばれてきたものを見ると、なんだこりゃ?だし
ガイドさん探さないとなぁ・・・と思っていたら、目の前にそのお姉さまがいらしたんです。
彼女の妹さんはパリでお勉強中だということをそつなく思い出し、
通訳をお願いできないかお聞きしたら
ニコニコと連絡をお引き受けくださったんです。
そしてすぐにパリのMちゃんからメールが来て、楽しみなデートの約束。
私は行きたいお店のリストを送り、ホテルまでお迎えに来てもらえることになり、
これでもう今度のパリは勝ったも同然です。笑


リストのお店は全部行ったことのあるお店ばかりで、道順もプラニングしておきましたから
ゆっくり廻れると思いますよ~♪というこころ強い言葉にテンションアップ。
Mちゃん、よろしくね!

まずはサンジェルマンのジャマン・ビュエシュへ行きましょう!ということで歩いていくと
お馴染みのボナパルト通りのラデュレの前を通りかかり、覗いてみると下のサロンが開いています。
懸案のシノワズリのサロンでのお洒落なティータイム、
実現させるのはフランス語話せるMちゃんが一緒の今がチャンス!!
今入らずしていつ念願のシノワズリのサロンでのティータイムが実現できるか。

で、いきなりですが、「Mちゃん、お茶しよう。」 笑


f0012154_022961.jpg


「上にどうぞって言われたら、下でお茶したいって言ってね。」
Mちゃんがめちゃめちゃ流暢なフレンチでお店の人にお話して無事着席。おみごと!!

f0012154_0222712.jpg


中国風もパリではこんなにシックに。
そういえば、中国人とフランス人のハーフには美人が多いというのが私の見解です。
あっ、ちょっと関係ないですね。

そして次はこれ!って決めていたモンブランと
前日も頂いたフレーバーティー・マリーアントワネットで大満足。

f0012154_0224081.jpg


ジャマン・ビュエシュではわりとすぐに気に入ったものが見つかりました。
では、次行きましょう。

ところが、ここから先の記憶が喪失し順番が全く分らなくなりました。
なのでここから先は順不同です。

すっかり嵌まって今年の夏中履いていたエスパドリュー、季節はずれだけど置いてないかなぁと、
カスタネールに案内してもらいました。
さすがに季節物ゆえエスパドリューはありませんでしたが、
綺麗な色のエナメルのペタンコ靴が並んでいて、どの色もかなり可愛いくて悩みに悩んで
決められず2色購入。
ここでも通訳のお陰で納得いくまであれこれ試せてまたまた大満足。

ブラン・ディヴォワールはこれぞパリ~♪な、シックで優雅でちょっとだけプリミティブなテイストありの大人のインテリアのお店でした。
ここでは見るだけ。


カスパリは紙ナプキンの専門店で、だいたい紙ナプキンの専門店があること自体がすごいのですが
その美しいプリントにはすっかり心を奪われました。
今年も地道に人気のあるアニマルプリントやトワルトジュイ柄など、
幾つか選んできましたが、もったいなくていまだに使えていません。


アントレ・デ・フルニスールは手芸用品のお店で、美しいマテリアルがいっぱいでした。
手芸好きゆえかえって何を購入すべきか迷いすぎて、ここはとりあえずパス。
お店は表通りからちょっと入り込んだとっても素敵な中庭に面していました。
写真に写っているバギーを押す男性が、普通に奥様の手芸用品の買い物の相談に乗っていました。
 
f0012154_8234326.jpg


一体どのお店の後だったかすっかり忘れましたが、そろそろランチにしない?と
Mちゃんに連れて行ってもらったのは、その日の朝までいたホテルのお向かいのカフェでした。
ホテルの窓からとても沢山の人が食事を楽しんでいる様子を見ていたので
きっとおいしいのねと思っていたお店です。ですが、名前は忘れました。

私はホタテ、Mちゃんは何か白身の魚を選びました。
私にはちょうど良い量のおいしいランチでした。

Mちゃんを撮りながらブログにのせてもいい?と聞くと半分くらいならと。
なので、きっちり半分です。^^
本当はとても可愛いから全部のせたかったのですが。


f0012154_0232643.jpg


ラクロワ・エ・ラ・マニエールには、Mちゃんは前もって下見に行ってくれていました。
とっても気さくなマダムとあれこれ話しながら私が聞いてほしいと言った事を
通訳し、途中で冗談なども交えてマダムと笑ったりしているMちゃん。
素敵~♪と、ただただ感心するばかりの私でした。
ここではリネンや刺繡糸などを少しだけ。

f0012154_02426.jpg


これ以外にもMちゃんお気に入りの可愛いブロカントや
通りがかりの気になる雑貨店などへも立ち寄ってちょこっとお買い物。

それから最後にジャマン・ビュエシュのアウトレットに行きました。
もう、驚きのプライスダウンで視点が定まらずあれもこれもで支離滅裂になりました。
通訳さんのお陰で、表に出ていないものまでいろいろ出してみせてもらえたものだから
ますますてんぱって何も決まらないままタイムアウト。

もう戻らないと夜のオペラ・ガルニエでのバレー公演に間に合いません。

明日又来ますから、これとって置いてくださいと通訳してもらって退散しました。

昨年の消化不良を払拭する、気持ちの良いパリお買い物ツアーでした。




お店のリストです。

① ジャマン・ビュエシュ  (バッグのお店) 11:00~19:00
43,rue Madam 75006 Paris
61,rue d'Hauteville 75010 Paris (アウトレット?)

② ブラン・ディヴォワール  (インテリアのお店) 10:30~19:00
4,rue Jacob 75006 Paris

③ カスパリ  (紙ナプキンのお店) 10:00~19:00
7,rue Jacob 75006 Paris

④ アントレ・デ・フルニスール  (手芸のお店) 10:30~19:00
  8,rue des Francs-Bourgeois 75003 Paris

⑤ カスタネール  (エスパドリューの店) 10:00~19:00 
  264,rue St.Honore 1e

⑥ラクロワ・エ・ラ・マニエール (リネンの店) 12:00~19:00
36,rue Faidherbe 11e
by junko73oz | 2011-12-27 00:00 | 11・秋・デンマークとフランスで

Laduree Bonaparte

ガイドブックの地図を見ながら探し回ってやっとたどり着いたお店が
定休日でもないのになぜかお休み。
ドアに張り紙がしてありましたが、ちんぷんかんぷんです。
しょうがないですね。

フランスではそんなことは当たり前とか良く聞きますし、明日もあるからまぁいいか。
ホテルに戻る途中で大好きなラデュレによって、ちょっとお茶。
なぜかいつでも2階の薄暗いサロンに通されてしまいます。
私は下のシノワズリの雰囲気が好きなのに・・・

f0012154_21421270.jpg


これこれ、今までチャンスがなくて食べられなかったルリジューズ・ア・ラ・ローズ。
形は日本のお店のほうが丁寧に作ってあって綺麗だけれど
パンベルデュもそうでしたが、お味はパリのお店の方が格段に上と思います。
奥に写っているマカロンも、私のです~♪
相方はいつもあきれ顔でワイン飲んでいます。

f0012154_22151570.jpg


明日こそは、下のサロンでお茶しよう。笑
by junko73oz | 2011-12-25 06:33 | 11・秋・デンマークとフランスで

Merci

昨年、絶対行こうと思っていたのにすっかり忘れていて
帰ってきてから行くの忘れたと気づき地団駄踏んでも後の祭りでした。
お洒落と評判のお店「Merci」に、今回は忘れず行ってきました。
相方も併設のカフェでワインなど飲んで、なんとか暇つぶしできていそうな様子だったので、
わたしもゆっくり隅から隅まで見物できました。

f0012154_21485360.jpg


アンティークの塗装されたブリキ版、こんな風にモダンなカウンターになっていました。

f0012154_2155293.jpg


クラッシックな雰囲気でいてこんな風に軽やかでしかも品のあるイメージ、
きっとこれが本場のフレンチシックね。

f0012154_2156710.jpg
f0012154_2242179.jpg

f0012154_2212077.jpg


ほしいものは山ほどありましたが、全取っ替えしないといけない程
フレンチシックとはニュアンスが違う我が家ゆえ
自分のテイストと違うものは買わない!という自戒にしたがって見るだけで満足。
雑貨店大好きで行ける所ならどこでも行ってみたいわたしですが、
見るだけで満足できるという特技もあるのです。^^v

あぁ、パリっていいなぁ。
町中お洒落な雑貨店だらけで、しかも各店のボリュームがすごい。
ときどき伊勢丹が頑張って「おパリフェアー」やってくれてとっても楽しいのですが
やはりお値段がかなりの割り増しになっていますよね。
なので勇気がなくって手が出せません。
お陰さまでこれ以上ごちゃごちゃにならずにすんでいる我が家です。
by junko73oz | 2011-12-24 15:04 | 11・秋・デンマークとフランスで

La basilique du Sacré-Coeur de Montmartre

さぁ~、観光、観光~♪
モンマルトルへ行きましょう。
サクレクール寺院へ行ってみようといいながら、私の目当ては実は生地屋さん。笑
いつもどおり相方のナビで行きましたが、サクレクール寺院って意外に小さい?

f0012154_21443692.jpg


でも、心引かれるキリストの像にしばし見とれてとても静かないい時間でした。

f0012154_21452140.jpg


あれっ?あの大きいのは何?
小さくて静かな(勘違いの)教会から出ると、大きな大きな建物が聳え立っていました。
私達、なんだかサクレクール寺院の裏側からモンマルトルの丘を登って来たみたい。
あはははは、、まちがえちゃったぁ。^^;

写真で何度も見たことのある寺院正面の階段とか登ってなかったし、
見学者だって少なすぎたし、中があんなに狭いのだって変。
今まで気づかなかったのがおかしいです。

f0012154_21454267.jpg


広い教会内部はお祈りをする人と見学者でいっぱいです。
先ほどの間違えた教会ですっかり満足してしまったので、
さっと見学し綺麗な刺繍の施されたベルベット製の十字架を購入して退散しました。


f0012154_21455970.jpg


教会の前の広い階段を下るとお土産物屋さんとかカフェの立ち並ぶ道に出て
さらに丘を降りていくと沢山の生地屋さんが集る場所に出ました。
高級なお店も問屋さんのような雑多な品揃えのお店もごちゃ混ぜに並ぶ町です。
さっと歩いてみましたが、ガイド本に載っていたよさそうなお店はみんな休業日で
生地の山から気に入りのいくつかを選び出せる自信がなく、
密かに張り切っていたわりには敢え無く敗退。
そんなこともあるさぁ。爆笑
by junko73oz | 2011-12-23 19:54 | 11・秋・デンマークとフランスで


インディアンカントリーへ          


by junko73oz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インディアンとカウボーイ
ウチナーンチュ
陶芸睦月
いづみ先生のお料理教室
れいこ先生のLove Letter
hand made
eat
ひるめし前
くらし
あっちこっち
tableware
クリスマス
きのこの山  (1~5)
06・晩夏・上高地で・・・
06・冬・沖縄で・・・
07・春・タイで・・・
07・春・京都で・・・
07・夏・八重山で・・・
07・晩秋・沖縄で・・・
08・春・沖縄で・・・
08・夏・サンタフェで・・・
08・冬・金沢で・・・
09・夏・サウスウエストで・・・
09・秋・ベトナムで・・・
10・春・北東北で・・・
10・春・陶器市で・・・
10・夏・信州で・・・
10・冬・フランスで・・・
11・春・京都と山陰で・・・
11・初夏・信州で・・・
11・夏・沖縄で・・・
11・秋・デンマークとフランスで
12・春・沖縄で・・・
12・夏・沖縄で・・・
12・晩秋・USA東海岸で・・・
未分類

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

ナギヲWorks
小さな哲学~雑想の世界
coruha*のへそ 
stew stew st...
イギリスからヒトリゴト
立呑屋
陶芸 睦月
きままなクラウディア
ガラス工房 橙
ひびこれ・Hibikor...
工房 「一閑」 気まま通信
ナイル商会
ヒマでも食べる
Canvas cooki...
水色の雨
華猫風海
ミルクムーン
ココロ写真
散歩のように旅
食卓の風・・・
裏sanpon
パリ近郊のカントリーライフ
Azumi'sDiary
☆スターフルーツの木の下で☆
ありがとう 人生!~me...
Souvenir~散歩写...
KazのNY庭生活 2
Le Perline ビ...
気ままな読書ノート、絵手...
イギリスのティーウエアー...
施基彩々
nice!nice!nice!
ゆうゆう時間
旅空日記(写真家・三井昌...
クールドミール
パン教室 SpazioF...
+ mellow-stu...
MONO STYLE +
針仕事職人の気ままな仕事場
アメリカ大自然 米国ラス...
peddyのくまちゃん ...
Vie tranquille
 jeudi 日々の暮らし
天までとどけ♪この暮らしっぷり
Butterfly Life
匙屋より
レンガの小径
LIVINGから
もしもし、聞いてください

外部リンク

出雲の旅行情報

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
ハンドメイド

画像一覧