がんばれ~♪

昨日の夕食も次男作。

f0012154_10442566.jpg


イタリアンレストランのシェフ直伝の牡蠣の香草パン粉焼きと
レシピ本からのオイルサーディンのサラダ。
パンは前日にヴィロンで購入。
ちょこっと写っているのは残った牡蠣でつくった牡蠣のアヒージョだそうです。
アヒージョってなんだ?

次男によると、今日はカフェ飯風にしてみたんだそうです。

今夜も頼むね~♪
とおもったら、お出掛けだそうで残念。
# by junko73oz | 2013-02-03 10:49 | くらし

ごちそうさま~♪

私が勝手にお洒落の師匠とお慕いする方からのお届け物。
パリのよりパリらしい素敵なパッケージのサブレと紅茶に、うわぁ~♪


f0012154_214350.jpg


ロゴのかわいい箱はもちろん、包み紙や紙紐までぜんぶ大好き。
お菓子を食べてしまっても捨てられません。

f0012154_2142239.jpg


大好きなシトロンのアイシングのサブレは大人かわいいチムニーつきの家。

f0012154_2143443.jpg


アーモンドプールのサブレもかりっと美味しくて・・・
ちょうど紅茶を淹れて来てくれた相方とともに
一枚、もう一枚と美味しくいただいているうちに
ついに全部たいらげてしまいました。

f0012154_2144254.jpg


こんな贈り物の出来る女性に、私もなりたい。。
# by junko73oz | 2013-02-01 21:23 | くらし

肴(あて)

f0012154_2039285.jpg

f0012154_23385968.jpg


次男が作ったイワシのガレット、
日本酒熱燗で食す相方。
合わん。。くない?

f0012154_20464612.jpg


iPhoneから送信
# by junko73oz | 2013-01-30 20:16 | eat

稲取の漁師料理店「徳造丸」へきんめの煮付けを食べに行こう!

土曜日の東京地方は、朝起きるととっても良い天気でした。
久しぶりにロングドライブしたいね!ということで、行き先について朝のミーティング。
両親も連れて美味しい肴(ウチではこの字がピッタリ)を食べに行くことに決定しました。
奥多摩の足湯に行く準備をしていた両親も、足湯より美味しいものの方がいいわ~♪で
行く先変更です。

東名で厚木へ、小田原厚木道路経由で真鶴道路に出て、それからは伊豆の海岸をひたすら走ります。
徳造丸はずっと以前にいちど行って、お刺身の新鮮で美味しかったことが印象に残っていて
もう一度行ってみようと思っていたお店です。

まずはお刺身の舟盛りときんめの姿煮を注文して
ドライバーの私以外はみんな生ビール~♪ --;

f0012154_9451163.jpg


きんめはやっぱり伊豆に限ります。
プリッとしまった白身に濃い口醤油を使った甘めでてりのある煮汁がからんで最高!
いままでで一番のきんめの煮付けだったと、父が今朝になっても言う位の美味しさでした。

f0012154_9452563.jpg


帰りは伊豆スカイラインからトーヨータイヤターンパイクを通り
小田原に下りるコースを選びましたが、「空の色」「夕日の輝き」と
向田邦子さんの言うところの「大根の月」など途中の景色が素晴しくて
楽しいドライブでした。

f0012154_9454383.jpg


あの美しい茜色が上手く残せず残念。
本当にきれいな夕焼けに浮かぶ月でした。

f0012154_945526.jpg


帰りは小田原によってこゆるぎ屋さんで干物など購入し
菜の花さんもちょこっと覘いてみましたが、相方がなにやら物色している様子に
めずらしいな?と思っていたら、焼き締めの酒器をささっと選んでお買い上げ。
最近熱燗で日本酒を楽しむのがブームのようで、自分好みの徳利が必要だったようです。
自分の好みの器を自らすすんで購入するようになるとは、教育の成果ですね。^^v
# by junko73oz | 2013-01-27 14:50 | eat

Bobby Van's Steakhouse

アメリカ旅行の最後の夕食は、やっぱりステーキ!
ガイドブックを開いて、ホテルから歩いて行けるステーキハウスを探しました。
15th Street Northwest にある Bobby Van's Steakhouse に決めて再び徒歩で出掛けました。

ステーキハウスらしい店構えのお店でした。

f0012154_21481558.jpg

f0012154_2148451.jpg


このお店でもシーザーサラダを選んでいました。どんだけ好きなんでしょう?
こちらのサラダもとっても新鮮でチーズもたっぷりで美味しかったです。

f0012154_21491527.jpg


古きよきアメリカみたいなレトロなインテリアの店内。
ウェイターも「ここに30年勤めています」みたいな落ち着き。

f0012154_21494864.jpg


再びフィレステーキです。
今回のはこの時の1.5倍はありそうな巨大ステーキで完食は出来ませんでした。

おまけに別にオーダーした付け合せのマッシュルームとアスパラのソテーがこれまた大量で
流石の大食漢も2人でギブアップ。。

ここでやっとアメリカにマイッタ!しました。

f0012154_21501077.jpg


相方と私が1番リラックスして旅することが出来る国は、なんといってもアメリカです。
ニューヨーク(^^;クラクションがこわ~い)以外でならレンタカーでのロングドライブも楽しめるし
食事も大好きなものが沢山あります。
景色もバラエティーに富んでいて、
これが地球上の景色?と思えるような宇宙的な場所から
豊かな森林と大河の流れが美しい広大な自然の中で
すぐ近くまで近づいてくる動物たちが楽しい風景
それから私にとっては夢の世界のようなサワロサボテンの群生地などを
これまでのアメリカの旅で楽しんできました。
そして今回は、今までとは違うアメリカのまっ正面の顔のようなものをたっぷり見学できました。

長いアメリカリポートもとうとう書き終わってしまうと、
ついに大好きな旅も完結ということになり寂しい気持に落ち込みます。
立ち直る方法はただ1つ。
次の旅の計画を考えることです。

さぁ、憧れと妄想の世界へ~♪ ^^ ナガイコトオツキアイイタダキマシテ、アリガトウゴザイマシタ ~♪
# by junko73oz | 2013-01-22 09:26 | 12・晩秋・USA東海岸で・・・

Washington 一日観光

ワシントンでは一泊だけの予定でしたので、
ホワイトハウスなどのワシントンDC の観光名所へはすべて徒歩圏のホテルに。
午前10時くらいにチェックインすると早速外へ~♪

先ずはホワイトハウス見物です。

f0012154_930224.jpg


バルコニーのある見慣れた建物の景色はホワイトハウスの裏側で、広い庭があります。
意外に小さな建物で驚きましたが、外からは見えない部分が広大という事らしく
なるほどそうなんだろうなぁ。
庭には歴代の大統領のキッチンガーデンが受継がれあるいは新しく拓かれて
新鮮な野菜や果物が作られているそうです。
ミシェル夫人も地域の小学生たちとともに野菜などを作っているそうです。

… now I shall plant if at all, more for the public than for myself 
                                ~John Quincy Adums~




f0012154_9305158.jpg


市街の車道はとても広く、歩道もゆったりとしていて植栽も美しく散歩に最適な環境です。
本当にきれいな街。すっかり気に入ってしまいました。

f0012154_9281868.jpg


庭園のあちこちにアートの展示がされていてスケートリンクもある公園を見つけ
中に入ってみると、清潔なカフェがあったのでランチタイムということにしました。
サラダの野菜は新鮮だし、チョコレートカップケーキもかなり美味しかったしということで
ワシントンの印象はまたしてもアップです。

f0012154_9112682.jpg


美しいアパートがたち並ぶ道も通りました。
ワシントンは人工的に作られた街ということで
街全体がゆとりを持ってすっきりと作られているのです。


f0012154_927348.jpg


Capitol Hill はTVニュースなどでよく見ていましたが
青空にくっきりと浮かび上がる純白のドームがとても美しい。
議事堂前には広大な広場が広がっています。
Capitol Hill では21日、オバマ大統領の就任スピーチが行われ
それを聴くために数十万人の人々が全米から集るのだそうです。

f0012154_9312683.jpg

f0012154_931188.jpg

f0012154_9133079.jpg


United States Botanic Garden ここへは入りませんでしたが、
巨大なガラスドームが外からも見えて、温室の規模も相当なものらしいと窺えました。
入ってみたかった。。

f0012154_9135052.jpg




f0012154_22345434.jpg


国立絵画館
時間がなくて素晴しい所蔵の展示を見ることができなかったのは残念でした。
ワシントンで全ての美術館を見学するには一週間は滞在しないと無理そう。

階段に座って楽しそうにおしゃべりしていたハイスクールの女の子たち。
アメリカ~♪ な女子たちでした。

f0012154_9143660.jpg


スミソニアン博物館の本部である Smithsonian Institution スミソニアン・インスティテューションです。

f0012154_15391893.jpg


国会議事堂からリンカーン記念館までの全長約3キロにわたる緑の芝生帯は
National Mall ナショナル・モール と呼ばれています。

f0012154_9294097.jpg


Washington Monument ワシントン記念塔はナショナル・モールの中心にそびえ立つ、
高さ169メートルの白いオベリスクです。
独立戦争でアメリカ大陸軍を率いてイギリス軍との戦いを勝利へと導いた
合衆国初代大統領 ジョージ・ワシントンの名誉を称えて建造されました。

f0012154_9284063.jpg

f0012154_9291832.jpg

f0012154_929151.jpg


ナショナル・モールのワシントンモニュメントとリンカーンメモリアルの間には、
National World War II Memorial 第二次世界大戦記念碑があります。
第二次世界大戦で戦死したアメリカ兵への追悼の意を込めて建造された国立の記念碑です。


f0012154_22343027.jpg


リンカーンメモリアルの下には Reflecting Pool があります。
映画 フォレスト・ガンプでフォレストとジェニーが
プールの中心で抱き合うシーンのロケーションです。
大好きな映画「フォレスト・ガンプ」に登場するロケーション、
今までのアメリカ旅行で結構実際に見てきました。
リアルに好きなシーンのロケーションに立つのはとても感動的なことです。
アリゾナの砂漠を走る道路とかこの池のほとりとかに立つと、感動のシーンがよみがえりました。

f0012154_9295478.jpg

f0012154_1540406.jpg

f0012154_15415768.jpg


Lincoln Memorial リンカーン記念館は、ナショナル・モール西端に位置し、
アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンを記念して建立されました。

Lincoln Memorial の内部には、あの有名なリンカーン大統領の坐像が設置されています。

f0012154_9154079.jpg



f0012154_2232076.jpg


Lincoln Memorial の建物はギリシャのドーリア式で作られています。
夕暮れには建物がライトアップされて群青の空をバックに浮かび上がります。
とてもきれいで、しばらくぼーっと眺めていました。


f0012154_9151981.jpg


ホテルへの帰り道でホワイトハウスの前(昼は裏側)を通りかかると
ここもライトアップされていました。
そして表玄関のほうは建物が道からとても近いので
窓の中に、天井から吊り下げられたシャンデリアがきらきらと輝く様子が見えました。


f0012154_915755.jpg


ワシントンの中心地を1日かけて徒歩で見学しましたが
ゆったりとした街の雰囲気のおかげで、あまり疲れることもなく充実の1日となりました。

ホテルに帰ってから夕食のレストランに予約を入れて
アメリカ最後の夕食に出掛ける元気もりもり~♪
# by junko73oz | 2013-01-21 15:45 | 12・晩秋・USA東海岸で・・・

NATIONAL MUSEUM OF THE AMERICAN INDIAN

早朝、ニューヨーク・ペンステーション発のアムトラックに乗ってワシントンに移動しました。
ワシントンにはあまり関心がなかったのですが、歩いてみるととても落着いた美しい町で
私は町の趣はボストンやニューヨークよりも好きでした。

ネイティブ・アメリカンの博物館があるというのも嬉しかったです。

美しい街並みと広い道路、ゆったりしていて歩きやすい歩道も完備されています。
地図を片手に相方が目当ての博物館を探してくれましたが、
街のあちこちに Smithsonian の美術館や博物館などの大きな建物が分散して
なんとその数19というのに驚きました。

そしてこの美しい石造りの建物がネイティブ・アメリカンの博物館でした。

f0012154_2003138.jpg


敷地内の入り口近くに設置されていたインディアンのブロンズ像。
多分サンタフェの町で沢山見てきたブロンズと同じ作家のものでしょう。

f0012154_203585.jpg


伝統的なウォーボンネットやディアスキンの衣装に触発された現代のデザイン。

f0012154_2015978.jpg


ビーズ刺繍で埋め尽くされたコンバースのハイカット。
欲しい・・・履けないけど。。

f0012154_2021978.jpg


Fritz Scholder 油彩

f0012154_2035197.jpg

f0012154_205598.jpg

f0012154_2053339.jpg

f0012154_2061959.jpg

f0012154_207848.jpg


Allies in War,Partners in Peace と名づけられた Edward Hlavka 作のブロンズ

f0012154_2072683.jpg


館内のホールではナバホ族のダンスと歌が披露されていました。
以前にアルバカーキの Indian Pueblo Cultural Center で見学したダンスと同じような
ゆったりとしたテンポの静かなダンスでした。

ミュージアムショップも広く、特に書籍や音楽CD
そしてダンス・イベントのDVDなどが充実していました。

ネイティブ・アメリカンの文化や手工芸などに興味のある方にはお勧めです。
# by junko73oz | 2013-01-18 07:45 | 12・晩秋・USA東海岸で・・・

あれからもう18年なんですね。

18年前の1月17日、私は大阪に居ました。
得体の知れない衝撃のなか、これは何だろうと自分の経験の全てを使って考えましたが
地震という言葉は出てきませんでした。
東京生まれの私は結構地震には慣れていましたが、
わたしにとっての地震という概念の範疇を越えていたのです。
大阪湾を隔てた向こう側では大きな火災がおきました。

f0012154_857486.jpg


そしてまた東日本の震災が起きました。
今度は津波が沢山の方たちから未来というものを奪い去りました。


f0012154_858187.jpg


人間は大自然の脅威に対してなんて無力なのでしょう。

f0012154_8581523.jpg


大切な人が自分の前から突然消えてしまったときの不安、絶望、恐怖、悲しみを思うと
その境遇に直面された方には、おかけする言葉もありません。

どうか18年という時間が、心の痛みを少しでも和らげてくれていますようにと祈るばかりです。

そして、これから必ず起こるといわれている巨大地震があります。
分っていることなら、備えをしなくてはいけませんね。
どうやって家族や自分の身を守るのか、相談して準備をおこたりなく調えなくては。
# by junko73oz | 2013-01-17 18:46 | くらし

Keens Steakhouse

アメリカでこれを食べないっていうのはありえません。
いよいよアメリカ名物の巨大ステーキに挑戦かな~♪ と思っていましたら
ボストンでも素敵なお店の情報をくださったAさんがおススメくださったのは
大人らしい落着いたステーキハウスでした。

お店はKeens Steakhouse です。

f0012154_20562763.jpg


年期の入った店内の雰囲気に、ここは美味しいステーキが出てきそうと期待が高まります。

f0012154_20564484.jpg


あらっ?ナプキンに相方様の姿が写ってる~♪ あっ、逆か。。

f0012154_20581839.jpg


ん?レタスの上にキャベツ?と思ったら、チーズがたっぷり乗っているんでした。
シーザーサラダですね。このサラダの美味しいことって言ったら・・・

f0012154_20572954.jpg


私はあっさりめにPrime Filet Mignon (8 oz.)を頂きましたが
炭火でこんがり焦げ目のついたフィレステーキはこれぞアメリカ!の歯ごたえで
噛めば口に広がる肉の旨み。
フィレも霜降りにしてアブラの旨み至上主義を貫く日本の高級ステーキハウスとは違う
噛めば噛むほど肉の旨さを味わえるアメリカンビーフのステーキハウス、
もともとアメリカンビーフが好きな相方に続いて私もすっかり気にいりました。

f0012154_20592020.jpg


Filet Mignon (8 oz.)は、軽く頂きました~♪

Aさん、こちらのお店もとっても美味しいお店でした。
パーフェクトなナビを本当にありがとうございました。
# by junko73oz | 2013-01-17 01:00 | 12・晩秋・USA東海岸で・・・

Strawberry Fields

Let me take you down
'cause I'm going to Strawberry Fields
Nothing is real and nothing to get hung about  

Strawberry Fields foreverより

私以上の年齢で、ビートルズに影響されなかった人は多くはないでしょう。
そしてJohn Lennonは、悲劇を纏ったゆえになおさら私たちの心に深い印象を残しました。
Paul の光と John の影。

f0012154_20534829.jpg


ダコタハウスの部屋の窓からJohn がよく眺めていたというセントラルパークの一角。
ヨーコさんはその場所にJohn のメモリアルを作りました。
丸いモザイクの真ん中には IMAGINE と。
誰かが散らした赤い花びらが風に吹かれて飛んでいきます。

f0012154_2054514.jpg


Strawberry Fields から道路を隔てたすぐ近くにあのダコタハウスがありました。
Johnの悲しい最期を知った日、25才だった私は1日中彼の歌声を聞いて過ごしました。
友達もみんな突然の悲報に驚き悲しんでいました。
あれからもう32年が過ぎました。
えっ?あっ!言っちゃった。。
25才の私はその時40才だったJohn をはるかに超えた年齢になりましたが
今でもJohn Lennonの歌とともにあります。

f0012154_20542883.jpg


とても美しい建物です。
この場所で倒れることがなかったら、彼はどんな曲を作ったでしょう。
私のいちばん好きな歌は、別なものになっていたのかもしれません。


f0012154_2055686.jpg


Strawberry Fields で、ちょっとセンチメンタルに。。
# by junko73oz | 2013-01-16 07:39 | 12・晩秋・USA東海岸で・・・


インディアンカントリーへ          


by junko73oz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
インディアンとカウボーイ
ウチナーンチュ
陶芸睦月
いづみ先生のお料理教室
れいこ先生のLove Letter
hand made
eat
ひるめし前
くらし
あっちこっち
tableware
クリスマス
きのこの山  (1~5)
06・晩夏・上高地で・・・
06・冬・沖縄で・・・
07・春・タイで・・・
07・春・京都で・・・
07・夏・八重山で・・・
07・晩秋・沖縄で・・・
08・春・沖縄で・・・
08・夏・サンタフェで・・・
08・冬・金沢で・・・
09・夏・サウスウエストで・・・
09・秋・ベトナムで・・・
10・春・北東北で・・・
10・春・陶器市で・・・
10・夏・信州で・・・
10・冬・フランスで・・・
11・春・京都と山陰で・・・
11・初夏・信州で・・・
11・夏・沖縄で・・・
11・秋・デンマークとフランスで
12・春・沖縄で・・・
12・夏・沖縄で・・・
12・晩秋・USA東海岸で・・・
未分類

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

ナギヲWorks
小さな哲学~雑想の世界
coruha*のへそ 
stew stew st...
イギリスからヒトリゴト
立呑屋
陶芸 睦月
きままなクラウディア
ガラス工房 橙
ひびこれ・Hibikor...
工房 「一閑」 気まま通信
ナイル商会
ヒマでも食べる
Canvas cooki...
水色の雨
華猫風海
ミルクムーン
ココロ写真
散歩のように旅
食卓の風・・・
裏sanpon
パリ近郊のカントリーライフ
Azumi'sDiary
☆スターフルーツの木の下で☆
ありがとう 人生!~me...
Souvenir~散歩写...
KazのNY庭生活 2
Le Perline ビ...
気ままな読書ノート、絵手...
イギリスのティーウエアー...
施基彩々
nice!nice!nice!
ゆうゆう時間
旅空日記(写真家・三井昌...
クールドミール
パン教室 SpazioF...
+ mellow-stu...
MONO STYLE +
針仕事職人の気ままな仕事場
アメリカ大自然 米国ラス...
peddyのくまちゃん ...
Vie tranquille
 jeudi 日々の暮らし
天までとどけ♪この暮らしっぷり
Butterfly Life
匙屋より
レンガの小径
LIVINGから
もしもし、聞いてください

外部リンク

出雲の旅行情報

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
ハンドメイド

画像一覧