<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

前川国男邸のモダニズムに心酔しました

f0012154_1933565.jpg

f0012154_19323048.jpg

木造によるモダニズム建築のステキなサンプルが、小金井公園の「江戸東京たてもの園」にあります。

さて、そのステキな建物というのは、戦前・戦後を通して日本の近代建築の歴史に大きな足跡を残した建築家・前川國男さん(1905~1986)の自邸として、戦時中の建築資材の入手困難と建築規制の厳しい状況下で竣工された木造建築で、切妻屋根の和風な外観と吹き抜けサロンとロフトを配した欧米風な間取りが、現代においても全く古さを感じさせない個性的ですが落ち着いたシンプルなつくりの個人住宅です。

ホテルの一室を思わせる室内には、造り付けのクローゼットや洗面台も配置されていて、設計者は海外生活の経験があるに違いないと思っていましたが、調べてみましたらやはりそうでした。
前川さんは巨匠ル・コルビュジエのパリのアトリエで2年間に渡ってモダニズム建築の理念を学びました。その後は、アメリカの建築家アントニン・レーモンドの日本事務所に入り、建築の基礎や技術などを学びます。
前川さんは、日本の気候・風土において、二人の偉大な建築家から学んだ理念を如何に実践するかというテーマに取り組み、建築技術の近代化、建物の耐震性、高温多湿な自然環境への適応性など、当時の日本の建築界が抱える多くの問題を解決する方法を探りながら、日本独自の近代建築の構築を目指しました。

彼の作品は、時代の変節に耐え成熟し、今もなおその美しいたたずまいは私達を魅了します。
[PR]
by junko73oz | 2006-07-21 21:05 | くらし

ひるめし前 (13)

f0012154_18192033.jpg


本日のひるめし前は、フレッシュフルーツとババロアの盛り合わせ(メニューには、もちろんそんなんじゃないおしゃれな名前で載っていましたが、忘れてしまいました)です。
スイカ・メロン・マンゴー・パパイア・オレンジ・グレープフルーツ・白桃・キウィ・サクランボ等山盛りのフルーツの下にも、ババロアが隠れていました。

甘いものが大好きな私は血糖値が少々気になっていましたが、全く問題ないことが分かり、これからも心置きなく美味しいスウィーツを楽しむことができるので、このシリーズはまだ続きます!
[PR]
by junko73oz | 2006-07-20 00:35 | ひるめし前

家の子「The Hemrock」「Mother's Garage 」のギタリストです

今日は、家の下の男の子の高校軽音部主催のライブでした。
息子が参加するのは、東京事変をカバーする女の子2人・男の子2人のバンドと、レッチリのカバーを演奏する男の子4人のバンドの2つです。
今日演奏したのは、
Can't Stop、 Dani California、Stone Cold Bush、Under The Bridge その他と、
遭難、本能、ディスクレイションスマイル、入水願い、クロール その他などです。

f0012154_2326414.jpg

f0012154_2327381.jpg

f0012154_23272397.jpg

f0012154_23283645.jpg

f0012154_23275117.jpg
f0012154_23284962.jpg


まだまだかっこばっかりのバンドですが意欲が一杯で、何より自分達が最高に楽しんでいるところがいいんです。
またまた親ばかで、ありったけの写真をUPしてしまいました。
[PR]
by junko73oz | 2006-07-19 23:55 | くらし

オオクワガタの森♪井上みつるの世界

f0012154_2005917.jpg

コンサートは7月15日の午後7時から、吉祥寺の「STAR PINE'S CAFE」というライブハウスで行われました。

井上みつるさん(写真右端)は、中学・高校時代の同窓生です。
彼の音楽は、19世紀にブラジルで生まれた、最初のポピュラー音楽といわれている「ショーロ」という器楽です。
この日のセットリストは、一部ではショーロ名曲集をボーカルも加わる6人編成で、そして二部の最初には彼のオリジナルアルバム「オオクワガタの森」をフルートのステキな女性奏者と2人で数曲を、その後には一部での他の仲間達も加わって和気合い合いと笑顔を交し合いながらの楽しい演奏が続きました。
彼の人柄(なんと、彼には大スズメバチを手乗りに手なづけてしまう様な、スーパーコミュニケーションのセンスがあるんです。)のせいでしょう、卒業以来30年以上たった今も、会場にはもとのクラスメートがたくさん集まって、ちょっとしたクラス会のようでした。

帰りには引き続き仲間が集まって「納涼生ビールを楽しむ会」へと流れ込んでしまったのは、当然の成り行きでした。
[PR]
by junko73oz | 2006-07-18 00:00

ビートルズ

f0012154_13521537.jpg

今から40年前の6月29日~7月3日ジャパンツアー5公演が武道館で行われるため、ただ一度のビートルズ来日の実現があり、日本中の若者を沸かせました。
東京滞在中、彼らはキャピトル東急(当時はヒルトン)のインペリアルスイートに缶詰状態にされて居ましたが、ジョンとポールは警備の網をくぐり抜けて、それぞれ単独で日本の街を楽しんだそうです。そのときジョンが訪れたのは、原宿のオリエンタルバザールなどだったとか・・・

少し前のことですが、この7月1日用事があってキャピトル東急を訪れたとき、たまたまビートルズ日本公演公式カメラマン ロバート・ウィテカー氏の40年ぶりの再来日を記念し、来日公演の際の彼の手焼きプリントの販売とサイン会の催しが行われていました。

f0012154_13584165.jpg
今は銀髪のロバートさんですが、日本公演当時はまだメンバー同様の若さだったのでしょう。
ちなみにこの日販売されたオリジナルプリントは1枚10万円ということでした。

サインの為に並ぶ人の列がありましたから、随分たくさんのプリントがファンの手に渡ったのでしょうね。

だって、なんといってもビートルズですものね。



ちなみに、彼らの滞在したヒルトンホテル(現キャピトル東急)は、再開発の為今年12月で営業を終わるのだそうです。
長いときが流れました・・・
[PR]
by junko73oz | 2006-07-17 00:00 | くらし

虹が架かりました

f0012154_12372062.jpg

昨日の夕方、吉祥寺のサンロード前のバス停でバスを降りたとき、突然霧雨が降り出しました。
傘を持っていなかったので、雲の様子を見ようとしてふと空を見上げると、久しぶりに東京で見る虹が、うっすらとでしたがちゃんと7色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)をそろえて架かっていました。
ここではどうしても「Over The Rainbow」が流れてしまいます。もちろん頭の中で、クラプトンのアコースティックバージョンで、です。。

「……Somewhere over the rainbow way up high
 There's a land that I've heard of once in a lullaby
 Somewhere over the rainbow skies are blue
 And the dreams that you dare to dream really do come true....」

「....If happy little blue birds fly across the rainbow
 Why oh why can't I?.....」

ふぅ・・・
[PR]
by junko73oz | 2006-07-16 12:53 | くらし

軽井沢 聖パウロ教会の聖パウロ像

f0012154_14122730.jpg
f0012154_14125682.jpg

私はひょっくり出先から戻ってきた其処(そこ)のHさんという管理人と二こと三こと口を利(き)き合い、そのまましばらく教会の側面の日あたりのいい石の上で、立ち話をしあっていた。丁度私達の傍らに立っている聖パウロの小さな、彩色した彫像は、彫刻の上手なレイモンド夫人がみずから制作したものだという事を私の教わったのも、そのときの事だった。         堀辰雄 「木の十字架」より
f0012154_14131395.jpg
f0012154_14132895.jpg


軽井沢のアウトレットを覗きに行ったので、旧軽へ足を伸ばしました。
チャーチストリートの奥にある「 カウボーイズ&インディアンズ」の、インディアンジュエリー通の店員さんとしばらくおしゃべりしてから、軽井沢銀座通りの一本裏の道へ通り抜けると、そこが、かの有名な聖パウロ教会です。かつて吉田拓郎さんが結婚式を挙げた(だれとでしたっけ?)教会ですね。
この教会は昭和10年、イギリス人牧師ウォワードが設立したカトリックの教会で、アメリカ建築界の巨匠アントニン・レイモンドの設計で建てられました。そしてこの建物はのちにアメリカ建築学会賞を受賞したそうです。

私は堀辰雄の文章をよんで、聖パウロの像がいったいどこにあったかなと、思い出そうとしてみたのですが、今までここを訪れたときに、その像を見た覚えがありませんでした。
そこで、この日教会の周りを捜してみようと建物の向かって左側に回ったときに、そこにある彩色された聖人像を見つけました。
「ああ、これだったんだ!」
[PR]
by junko73oz | 2006-07-15 14:01 | あっちこっち

ひるめし前 (12)

f0012154_20115215.jpg

f0012154_205452.jpgこのお店も、先日ご紹介したウォールナットの近く、旧青梅街道沿いにあります。
ログハウスで木の香り一杯のとても静かで居心地の良いお店です。
おしとやかなママさんが一杯ずつ丁寧に入れてくれるコーヒーは、このあたりのどのお店もそうなのですが、とても美味しいのです。良いお水に恵まれているのですね。
f0012154_2012312.jpg店内には落ち着いたポピュラー音楽のギターアレンジが静かに流れていて、暖かい雰囲気はお友達の山の家にお邪魔したような感じです。
f0012154_20125511.jpg店内にあるシンボルツリーのような柱には、大きなカブトムシが止まっています。
実は私、このお店にはもう5~6年は通っているのですが、ここにこんなカブトムシが止まっていたのには、今日はじめて気づきました。これはもちろん本物のカブトムシではなくて、ご主人のご友人の作品で、素材は竹だそうです。
f0012154_20135137.jpg










コーヒーがとても美味しいのですが、とにかく今日は暑かったので,最近嵌まってしまっているソーダ水をいただきました。

[PR]
by junko73oz | 2006-07-14 20:58 | ひるめし前

「使う当ても無いのに、つい買ってしまう」手芸材料店

f0012154_23483546.jpg
f0012154_23485341.jpg

“量り売り”をするお店という意味の名前を持つ「ラ・ドログリー」には、カラフルなボタンやビーズ、様々な種類のリボンや色とりどりの毛糸などがあふれていて、店内はちいさな色彩の異空間になっています。
f0012154_8261137.jpg

何に使うとも無く、好きなパーツをトレイにとってちょこちょこと買い集めたビーズなどが沢山溜まったので、とりあえずつなげてみました。
ウーン、でもこれでは一寸使えません。もう少しシンプルに作り直さないとだめですね。
f0012154_8261992.jpg
f0012154_8263165.jpg

型抜きフェルト、花の形のを重ねて周りをブランケットステッチでかがって、・・・それで、どうしようかな?

と、いった具合です。でもカラフルなこまごましたパーツは、それを眺めているだけで一寸楽しい気分になります。そういえば以前、量り売りの毛糸を何色もきれいに巻いてもらってきたのですが、あれいったいどこに仕舞い込んじゃったのでしょう。
ビーズもフェルトも無意識に選んだその色合いがそっくりなところに、私の好みが出ていました。
[PR]
by junko73oz | 2006-07-13 17:15 | hand made

オーナメントを作りましょう インディアンのウォーボンネット

f0012154_11431066.jpg

f0012154_11391131.jpg今年ももう後半に入ってしまいました。
もうすぐクリスマスです。
・・・な訳ないですが、私はぼちぼちとオーナメントの準備を始めます。ここ何年か、私のツリーはネイティブアメリカン風です。
インディアンショップで何かオーナメントに使えそうなものがあると少しずつ集めだします。
f0012154_11392478.jpgそして商品を見て、ここが一寸ねぇ・・・というものは、自分で気に入った風に作ってしまいます。この写真のオーナメントもそうです。

材料は、プラスチックビーズ・安全ピン・皮ひも・羽・針金などで、手芸材料店で簡単に手に入るものです。私は吉祥寺のユザワヤさんで集めます。
f0012154_11394640.jpg作り方は、安全ピンにプラスチックビーズを通したものを15個作り、それを針金で束ねて好みで羽根飾りなどを付けるだけ。とても簡単です。

作り方の手順は、又近いうちに説明しましょう。

[PR]
by junko73oz | 2006-07-12 13:35 | hand made


インディアンカントリーへ          


by junko73oz

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インディアンとカウボーイ
ウチナーンチュ
陶芸睦月
いづみ先生のお料理教室
れいこ先生のLove Letter
hand made
eat
ひるめし前
くらし
あっちこっち
tableware
クリスマス
きのこの山  (1~5)
06・晩夏・上高地で・・・
06・冬・沖縄で・・・
07・春・タイで・・・
07・春・京都で・・・
07・夏・八重山で・・・
07・晩秋・沖縄で・・・
08・春・沖縄で・・・
08・夏・サンタフェで・・・
08・冬・金沢で・・・
09・夏・サウスウエストで・・・
09・秋・ベトナムで・・・
10・春・北東北で・・・
10・春・陶器市で・・・
10・夏・信州で・・・
10・冬・フランスで・・・
11・春・京都と山陰で・・・
11・初夏・信州で・・・
11・夏・沖縄で・・・
11・秋・デンマークとフランスで
12・春・沖縄で・・・
12・夏・沖縄で・・・
12・晩秋・USA東海岸で・・・
未分類

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

ナギヲWorks
小さな哲学~雑想の世界
coruha*のへそ 
stew stew st...
イギリスからヒトリゴト
立呑屋
陶芸 睦月
きままなクラウディア
ガラス工房 橙
ひびこれ・Hibikor...
工房 「一閑」 気まま通信
ナイル商会
ヒマでも食べる
Canvas cooki...
水色の雨
ミルクムーン
ココロ写真
散歩のように旅
食卓の風・・・
裏sanpon
パリ近郊のカントリーライフ
Azumi'sDiary
☆スターフルーツの木の下で☆
ありがとう 人生!~me...
Souvenir~散歩写...
KazのNY庭生活 2
Le Perline ビ...
気ままな読書ノート、絵手...
イギリスのティーウエアー...
施基彩々
nice!nice!nice!
ゆうゆう時間
旅空日記(写真家・三井昌...
クールドミール
パン教室 SpazioF...
+ mellow-stu...
MONO STYLE +
針仕事職人の気ままな仕事場
peddyのくまちゃん ...
Vie tranquille
 jeudi 日々の暮らし
天までとどけ♪この暮らしっぷり
Butterfly Life
匙屋 + sajiya ...
レンガの小径
LIVINGから
littleones -...
もしもし、聞いてください

外部リンク

出雲の旅行情報

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
ハンドメイド

画像一覧