<   2007年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

オーベルジュ ド マノワール 吉庭(きってい)

f0012154_16243757.jpg

3連休のなかびの日曜日、施基さんのブログで読んでから近いうちに行ってみたいと思っていた、千葉の佐原へ出かけてみました。
外環から首都高そして東関道経由で潮来へ。それほどの渋滞もなくおよそ2時間半ほどで着きました。

f0012154_1751750.jpg

ネットであらかじめ調べておいたオーベルジュ ド マノワール 吉庭というお店で、腹ごしらえです。お腹の心配を最優先するのが私達のやり方です。
このお店は和・洋・中のメニューを取り混ぜていて、お店の内装は落ち着いた雰囲気。
良いお店を作ろうと意欲的に取り組んでいるようでした。
けれど、私達が案内された席は厨房のちかくで、オーダーの内容が全部聞こえて来るところでしたので、「3千円5人、5千円7人!」という注文の通し方には、相方と顔を見合わせて笑ってしまいました。
今時、ファミレスだってそんなオーダーの通し方、しませんよね?
それから、玄関で脱いだ靴の扱いにも、少し工夫をして頂きたいと思いました。
そこそこのお値段を提示するからは、そのあたりのことも大切にして欲しいですね。

などと、お腹がペコペコでお料理をあっという間にすっかり平らげた割に、辛口な感想を書いてしまいました。
[PR]
by junko73oz | 2007-04-30 20:56 | あっちこっち

笠間の陶器市 陶炎祭(ひまつり)

最近気に入って時々出掛けている笠間の,最も賑わいのあるイベント「陶炎祭」が、4月29日から5月5日までの一週間、芸術の森公園で今年も行われています。
200以上の参加ブースが集まってとても盛大ですが、各ブースごとに出品アイテムのテーマを分かりやすく掲げて、自分の好きなものが、どこに行ったら見つけられるのかが分かるように工夫されているそうです。
私はまだ、笠間の陶器市へは行ったことがありませんが、今年の開催期間中に行ってみたいなと思っています。

f0012154_8111623.jpg

先日笠間の回廊ギャラリー「門」で、どれがいいか迷った蓋物。プライスダウンでお買い得になっていたら、ラッキーですね。

f0012154_2138256.jpg

[PR]
by junko73oz | 2007-04-29 22:20 | tableware

春の花

公園を散歩していて、春らしい優しい花をたくさん見ました。
おおでまりは、去年よりも随分大きな木に成長したようです。
白い山吹は、はじめて見ました。もしかしたら、今までも何度も見ていたのに気付かなかっただけかもしれません。
忘れな草は、そろそろ咲いているかしらと思い去年の場所へ行ってみたら、去年よりずっと増えてたくさん咲いていました。なんともいえない青の色合いです。

f0012154_7324118.jpg

f0012154_20285014.jpg
おおでまり
f0012154_20291154.jpg

f0012154_734998.jpg
しろやまぶき
f0012154_7352662.jpg
わすれなぐさ

私が花を愛しむ優しい心の持ち主だってことが、お分かりいただけたでしょうか?(えへへ)
[PR]
by junko73oz | 2007-04-28 05:35 | くらし

瓶にさす 藤の花ぶさ みじかければ・・・ 

f0012154_19282713.jpg
f0012154_19295875.jpg

f0012154_19293740.jpg

瓶にさす 藤の花ぶさ みじかければ たたみの上に とどかざりけり

これは、中学か高校の現国の授業で習った正岡子規の歌ですが、私は今でも藤を見ると必ずこの歌を思い出してしまいます。

瓶にさす 藤の花ぶさ 一ふさは かさねし書の 上に垂れたり
藤なみの 花をし見れば 紫の 絵の具取り出で 写さんと思ふ
瓶にさす 藤の花ぶさ 花垂れて 病の床に 春暮れんとす


活き活きと美しい紫の花房の重さを、重い病の床に伏しながら眼差しで量る子規の無念を感じます。晩春から初夏にかけて咲く藤の花は、子規に春の終わりを知らせる花でもあったのでしょう。哀しい春の歌です。

痰一斗糸瓜の水も間にあはず
糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
をとといのへちまの水も取らざりき


こちらも哀しい子規の絶筆、三句です。
[PR]
by junko73oz | 2007-04-27 00:01 | くらし

今日のさくら 

小金井公園へ行ってみました。
桜色の美しい森は、瑞々しい萌黄色に染め替えられていました。
久しぶりの陽射しを受けた若葉の色は、それは美しい生命力の輝きです。
けれど、今年のさくらももう終わりかと思うと、その美しさにもかかわらず、少し名残惜しい気持ちになりました。もう、私の大好きなさくらの季節は終わりです。(・・・ほろり)

f0012154_16542083.jpg

っていうのは嘘で、小金井公園ではまだまださくら吹雪が舞っているのです。

f0012154_17305627.jpg
f0012154_17312215.jpg
f0012154_17314788.jpg
f0012154_17321273.jpg

このさくらが終わっても、先週奥多摩で見たさくらの木はまだ全く蕾のままだったし、今年のさくらはまだもうしばらく楽しめるのです。
[PR]
by junko73oz | 2007-04-26 17:45

三宝寺池のコガモたち (とても可愛いですよ!)

先週かわせみの写真を撮った場所へもう一度行って、もう少し良い写真を撮ってこようと思い三宝寺池へ出かけてみたのですが、今回は一度も姿を見ることが出来ませんでした。
それであたりに咲いていた藤やあやめの花を写しながら、いつものように池の回りを散歩していると、10人ほどの方たちが皆さん笑顔で池の岸辺の辺りをみていました。

f0012154_1833761.jpg

f0012154_14544417.jpg

皆さんの視線の先には、10羽ほどのコガモちゃんたちが、お母さんカモについて餌捕りの練習をしているような光景がありました。。
私は本当は鳥が苦手ですが、最近だんだん苦手なものが少なくなってきて、たいていの物は冷静に観察できるようになってきてしまいました。
不思議ですが、なんだか本当に可愛いと思えるんですよね!

f0012154_14552691.jpg
f0012154_14554398.jpg
f0012154_14564942.jpg

[PR]
by junko73oz | 2007-04-25 08:07

行き倒れ?

f0012154_21124891.jpg

小金井公園の草むらで地面にぺったり腹這いになって(多分15分)これを撮っていましたら、お散歩中のおじいちゃまが近づいて来られて、「大丈夫ですか?」と。
「はいっ?」
「ずっと動かなかったので具合が悪いのかと思い、向こうから様子を見に来たんですよ。」
「すみません。写真を撮っていました。わざわざありがとうございました。」
「大丈夫ですか?」と聞いて頂いたのは、これで二度目です。

ご心配頂いて、本当にありがとうございました。
[PR]
by junko73oz | 2007-04-24 00:50

三線と太鼓の音に誘われて・・・ (琉球フェスタ・石神井)

昨日は雨の天気予報でしたが、何とかお天気がもったので、石神井公園まで散歩に出かけてみました。
池のほとりを散歩していると、大好きなオキナワンミュージック(民謡です!)の調べが聞こえてきました。しかもどうやら生の演奏のようで、これは行ってみるしかありません。
野外ステージでは、琉球の民族衣装に身を包んだのエイサー隊が、太鼓を打ち鳴らしながら踊っていました。ステージの横には、沖縄そばやオリオンビールのお店も出ていて、お祭り気分満載のにぎやかな催しです。
まずはオリオンビールでのどを潤し、せっかくですから沖縄そばも頂いちゃいました。
おいしかったぁ・・・あれっ?

f0012154_16191436.jpg

f0012154_16212670.jpg

f0012154_16204310.jpg

f0012154_16253323.jpg

こちらのグループは少人数の編成ですが、とてもよい味を出している三線・歌の担当の方、太鼓のお二人、そして可愛い女性がお二人で指笛の音もにぎやかに、カチャーシー!カチャーシー!!で盛り上がりました。沖縄の「島唄」で習った、ひねり手がここで役に立ちます。

f0012154_16242984.jpg
f0012154_16244838.jpg
f0012154_1626274.jpg
f0012154_16263891.jpg

最近丁度沖縄が切れてきているところでしたので(笑)、この偶然はとてもラッキーでした。
懐かしい三線の調べと指笛をたっぷりと堪能して、オリオンビール・沖縄そばも平らげて、良いお散歩でした。
けれど、お散歩の目的は「ダイエット」でしたから、その意味では、全く失敗の一日となってしまいました。

沖縄、行きたいなぁ・・・まだ、エイサーの時期に行ったこと無かったな。
今度は暑い暑い夏の沖縄もいいかもしれないなぁ・・(遠い目線)
あいや、あいや、あいやいやさっさー・・・・(爆笑)
[PR]
by junko73oz | 2007-04-23 19:50 | ウチナーンチュ

桜色、萌黄色。

f0012154_20573654.jpg
f0012154_20581920.jpg

このさくらは哲学の道沿いの。
一本の木に、花桃のように白からピンクまでの濃淡の花を見ることが出来ます。
こうしていろいろな場所のさくらを眺めて来て、心に残るのはさくらの花の様々な姿かたち。
(それにしても、さくらの種類って一体どれくらいあるのでしょうか。)
そして、日本人が本当にさくらを愛する国民だなぁと強く感じたことです。
私達は、さくらの季節が巡ってくると気づきます。自分の町が、子供の頃から春ごとに、繰り返し桜色に染まってきたことに。
けれど、花が散って葉桜の葉の色も濃くなって他の木々にまぎれてしまった時、さくらを意識する人はほとんど居ないのではないでしょうか。
夏・秋・冬の季節を経て迎えた春、さくらは美しい花をつけます。葉桜だってさくらはさくら。

f0012154_20591373.jpg

この川沿いの柳の美しさにも心惹かれます。白川沿いの柳の新緑も桜並木の美しさに勝るとも劣らない日本の美しい景色でしょう。
[PR]
by junko73oz | 2007-04-22 00:10 | 07・春・京都で・・・

京漬物のお気に入り店 (村上重本店)

f0012154_1104412.jpg

このお店へは、学生の頃から京都を訪れるたびに通っています。特に千枚漬けは大好物、我が家の人気お取り寄せアイテムにもなっています。
四条通りの喧騒から少し外れた小路の突き当たりのこのお店、落ち着いた灯りが気持ちをゆったりとさせてくれますし、いつも供されるお茶でほっと一息つけるのです。今はさくら茶。

f0012154_112847.jpg
f0012154_112315.jpg

[PR]
by junko73oz | 2007-04-21 06:05 | 07・春・京都で・・・


インディアンカントリーへ          


by junko73oz

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インディアンとカウボーイ
ウチナーンチュ
陶芸睦月
いづみ先生のお料理教室
れいこ先生のLove Letter
hand made
eat
ひるめし前
くらし
あっちこっち
tableware
クリスマス
きのこの山  (1~5)
06・晩夏・上高地で・・・
06・冬・沖縄で・・・
07・春・タイで・・・
07・春・京都で・・・
07・夏・八重山で・・・
07・晩秋・沖縄で・・・
08・春・沖縄で・・・
08・夏・サンタフェで・・・
08・冬・金沢で・・・
09・夏・サウスウエストで・・・
09・秋・ベトナムで・・・
10・春・北東北で・・・
10・春・陶器市で・・・
10・夏・信州で・・・
10・冬・フランスで・・・
11・春・京都と山陰で・・・
11・初夏・信州で・・・
11・夏・沖縄で・・・
11・秋・デンマークとフランスで
12・春・沖縄で・・・
12・夏・沖縄で・・・
12・晩秋・USA東海岸で・・・
未分類

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

ナギヲWorks
小さな哲学~雑想の世界
coruha*のへそ 
stew stew st...
イギリスからヒトリゴト
立呑屋
陶芸 睦月
きままなクラウディア
ガラス工房 橙
ひびこれ・Hibikor...
工房 「一閑」 気まま通信
ナイル商会
ヒマでも食べる
Canvas cooki...
水色の雨
ミルクムーン
ココロ写真
散歩のように旅
食卓の風・・・
裏sanpon
パリ近郊のカントリーライフ
Azumi'sDiary
☆スターフルーツの木の下で☆
ありがとう 人生!~me...
Souvenir~散歩写...
KazのNY庭生活 2
Le Perline ビ...
気ままな読書ノート、絵手...
イギリスのティーウエアー...
施基彩々
nice!nice!nice!
ゆうゆう時間
旅空日記(写真家・三井昌...
クールドミール
パン教室 SpazioF...
+ mellow-stu...
MONO STYLE +
針仕事職人の気ままな仕事場
peddyのくまちゃん ...
Vie tranquille
 jeudi 日々の暮らし
天までとどけ♪この暮らしっぷり
Butterfly Life
匙屋 + sajiya ...
レンガの小径
LIVINGから
littleones -...
もしもし、聞いてください

外部リンク

出雲の旅行情報

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
ハンドメイド

画像一覧