<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Nyhavns Færgekro (ニューハウン・ファーゲクロ)

ほんの2~3日の滞在でコペンハーゲンの食事がどうこうと言うのはどうかとも思いますが
コストパフォーマンスは全体的に余りよくないような印象です。
朝食をとろうとニューハウンを散歩しながら、ガイドブックに乗っているお店を探して
お店の前でテラス席の準備をしていた若くて綺麗な女性の感じがよかったので
入ってみたのがこちらニューハウン・ファーゲクロという古いお店です。

この木造の建物は1765年に建てられたものだそうで、
太い梁や柱がその歴史を物語っているようです。


f0012154_18133891.jpg


このお店はとてもリーズナブルなメニューを提供していますが
ハムもチーズもパンもバターもコーヒーも問題なく美味しく感じられ
私にはやはり高級店より観光客相手の大衆食堂のほうが
口に合うということが明らかになりました。


f0012154_19224294.jpg


暖炉に火を熾し、キャンドルを灯す。
北欧の長い冬をこころ豊かに過ごす為に、人々によってずっと引き継がれてきた美しい習慣。
暮らしに密着した必然のぬくもりに触れて、
もうすぐ訪れる、見ることの無い北国の冬に思いを馳せるひと時でした。

f0012154_19225744.jpg

[PR]
by junko73oz | 2011-11-30 21:27 | 11・秋・デンマークとフランスで

コペンハーゲンのお花屋さん

ニューハウンのカラフルな町並みの運河を隔てた向こう側には
シックな石造りの建物が並んでいます。
その石造りの古い建物の中に、
素敵すぎて毎日うっとりとウインドゥを眺めていたお花屋さんがありました。

f0012154_2161437.jpg


Port Nouveau Eric Buch は、とても大きなお花屋さんで
お花を売るだけでなく装飾全般を手がけているようでした。
でも、もちろんみずみずしい生花もたくさん。
お店の奥の作業台では何人もの店員さんが素敵なブーケを組んでいました。

流木や古材、錆びた金属などを使ったオブジェ、色とりどりのキャンドル
クリスマスのオーナメント、エイジング加工を施して古いもののように仕上げた照明器具など
どれもツボ過ぎて何か一つか二つ選んで持ち帰って満足するなんてとてもできません。

欲しいものは100くらいありました。

f0012154_2117381.jpg


この先まだパリが控えていると思うと、荷物を増やして重たい思いをするのも憂鬱。
写真を自由に撮らせていただけたので、好きなシーンをたくさん写真に収めて
自分では思いもつかなかった、
ため息の出るような素敵なセンスを持ち帰らせていただきました。

f0012154_21145525.jpg


もし、もう一度コペンハーゲンに行くことがあれば
他のどこよりも訪れてみたい、とても印象深い空間でした。

f0012154_21485086.jpg

  
[PR]
by junko73oz | 2011-11-29 22:01 | 11・秋・デンマークとフランスで

吉祥寺が変わって、駅が分らなくなり・・・

中央線の改札口へどうやって行ったらいいか、ウロウロしてしまいました。情けない。

丸の内にパリからRose Bakeryがきて、コム・デ・ギャルソンとのコラボがお洒落ねぇ・・・
などと感心していたら、今度は吉祥寺atreに2番目のお店ができていました。

f0012154_21373287.jpg


夕食の重い買い物に疲れて、ちょっと一休みしたいなという時に最適な立地。
広くてテーブル数も多いので待たずに席につけそう。

でも、吉祥寺なので丸の内ほどお洒落じゃないです。(笑)
[PR]
by junko73oz | 2011-11-28 21:46 | くらし

黄色い鳥器店で開催されたワークショップと・・・

八木麻子さんのガラス展に行ってきました。

f0012154_23401533.jpg


現役美大生の八木さんの作品に出会って以来、ずっと見守ってきた黄色い鳥さん。
2年の月日が経って、ついに個展開催の運びになったとか。
今回の個展も、店内は黄色い鳥器店ファンで一杯です。

たくさんの可愛らしいガラスのお花に目移りしながら
好みの幾つかを選んで摘んで帰りました。
お天気の良い日を選んで、ブログにのせる写真を撮りましょう。

f0012154_23402542.jpg


この日黄色い鳥さんに行ったのは、山形から取り寄せた国産のアケビの蔓で
カゴを編むワークショップに参加させていただくためでした。
先生はお花の教室を運営されていて、お好みの花器をご自分でつくり始められたことから
本格的なカゴづくりに取り組まれることになったのだそう。

テーブルに並んでいるのはすべて先生の作品です。
くるみの樹皮製のカゴバッグも素敵です。

f0012154_23403542.jpg


ほぼ完成というところまで来たところで、黄色い鳥さんの入れてくださった
お茶と落雁をお茶請けにして一休み。
皆さんの作品を見せていただくと、それぞれに個性があって趣が違うことに気づきます。
同じように教えていただいても、みんなそれぞれに違うのが面白い。

f0012154_23404428.jpg


わたしはと言えば、なんだか間の抜けた出来上がりが気になっていまして
家に帰ってからしばらく眺めていましたが、えいやっ!と半分ほどほどいてしまい
もう一回編み直してみました。
そして今度は、「まぁいいかな~♪」何とか満足のいくのができました。

ワークショップで丁寧にご指導くださった竹花陽子先生、
楽しいカゴ編みのレッスン、本当にありがとうございました。
黄色い鳥さん、お世話になりました。
[PR]
by junko73oz | 2011-11-28 00:46 | くらし

散歩の後は、泡つきブランチ

5時間寝るともうすっきり、眼もパッチリ。
家にいても旅先でも、5時間以上連続睡眠は奇跡的なことになりつつある昨今です。
この時期、朝の光が届くのが午前8時くらいと遅いコペンハーゲンでは
今か今かと明るくなるのを待って、散歩に出かけました。

f0012154_744124.jpg


ここは、異国情緒の漂うコペンハーゲンの中心地辺りです。
こんな何気ない通りをずんずん歩くのが楽しみ。
歩いているとあちこちの教会の尖塔から美しい鐘の音が鳴り響き
まるで映画のシーンのようで、あぁ、遠い国に来てこんなに素敵な散歩ができて
なんて幸せなんだろうと一緒に歩いている相方にも感謝の気持ちが湧いてくるのです。
殊勝な気持ちになれたのは、多分鐘の音があまりに神々しく荘厳だったからだと思いま~す。

f0012154_7443159.jpg

    
街角にある郵便ポストもシンプルにして必要十分な機能を備えた
デザインの国デンマークならではを感じさせるもの。

f0012154_7445994.jpg


街角のカフェ。
もう、可愛すぎです。でもまだ開店前でした。

f0012154_7451989.jpg


このお店、何かで知ってわざわざ探して行ったのに、
名前も場所も分らなくなってしまいました。
ガイド本に載っていたんだったかな?と、探してみましたが、見つかりません。
まぁ、もうコペンハーゲンにいくことはなさそうなので、分からないままでいいことにします。

f0012154_23141781.jpg


コペンハーゲンは全体的にお店での飲食代がお高めです。
にもかかわらず赤ちゃん連れの若い素敵なファミリーが待ち合わせて
2家族で優雅に泡つきブランチを楽しむ様子を見て、デンマークってすごくいい国かも?と
単純にもすっかり感心してしまいました。

f0012154_23142518.jpg


ここでは朝シャンで顔が赤くなっても平気~♪
北欧の人ってちょっと寒いとすぐに顔が赤くなるようだし、
逆に私は冷たい空気に当たれば赤くなった頬もすぐに元通りになります。

f0012154_2314404.jpg


さすがに北欧、ヨーグルトやバターそれからスモークサーモンなどはとっても美味しくて
夜の食事よりこんな少しリッチなブランチのほうが美味しくて好きでした。
普段は朝はコーヒーだけのわたしですが、
他にデニッシュやひよこ豆の煮たのとかも、出されたものは全部平らげました。
シリアル付きのヨーグルト、ほんとおいしかったなぁ。
[PR]
by junko73oz | 2011-11-25 19:51 | 11・秋・デンマークとフランスで

アドミラル・ホテル

コペンハーゲンでの宿は、ニューハウンやストロイエ、それから人魚の像なども散歩圏内ということで
Copenhagen Admiral Hotel にしました。
200年以上も前に建てられた石造りの大きな建物は、穀物倉庫だったそうです。
エントランスには大砲が2門。壁には大砲の砲弾の当たった跡も。

f0012154_22153250.jpg


内装はかつて倉庫だったときの古い梁や柱をそのまま活かして重厚なイメージですが
家具や什器はモダンなデザインです。
私は好みのインテリアでとても居心地がよかったです。

f0012154_22163192.jpg


客室にも存在感の大きい剥き出しの太い梁や柱がたくさんあり、
邪魔に感じる人もおおそうですが、古材大好きな私は眺めてうっとり。

WiFiは有料で、一度だけブログの更新をしてみましたが、
スピードがあまりに遅く面倒になり、その後は諦めました。

f0012154_22164541.jpg


空調は暑くも寒くもなく良い具合、部屋はとても静かで睡眠も快適(私は)でした。
ホテルのスタッフはフレンドリー。
一度レストランの予約をお願いしたら、希望のレストランの名前を言ったとたんに
「そんなのムリムリ、何ヶ月も先まで予約で一杯よ!」と、お友達に言うように言われて
唖然としましたが、
とりあえず一度聞いてくれるくらいのことはしても良いのではないかと・・・--

と、それくらいフレンドリーでした。

f0012154_22165751.jpg


出かけるのが面倒になって一度だけホテル内で軽食をとりました。

f0012154_22212840.jpg


ロビー奥にあるバーで、ハンバーガーの夕食。
お隣のカップルの話が面白くて(1時間マシンガントーク)ずっと耳ダンボ、
ハンバーガーがどんな味だったかは全く記憶にありません。

f0012154_22172888.jpg


人の話に聞き耳なんてほんとに慎みのないことですが、
隣席のカップルは声が爆音なので嫌でも会話が全部聞こえてしまう上
巻き舌で言葉からは殆ど意味は不明なのに、
ジェスチャーが的確にして大胆、かつ感情がこもっているので
内容が多分完璧に分ってしまったのでした。
[PR]
by junko73oz | 2011-11-24 18:21 | 11・秋・デンマークとフランスで

映画「オペラ座の怪人」

昨日はるばる品川まで出かけてみてきた映画「オペラ座の怪人
不作の年だったというわたしの個人的不満を払拭する素晴しい映像。
わたしの今年度のベスト1映画決定となりました。
ロンドンに行ってミュージカルの舞台を見てみたいという新しい目標ができました。
相方、しょえ~ 046.gif

f0012154_7251783.jpg


つたない説明を書き連ねることはあえて避けます。
とにかく、六本木か品川に足を運んでご覧になってください。
感動しますよ。

私は「鬼の目に涙」となりました。^^v
[PR]
by junko73oz | 2011-11-24 07:50

ヤコブセン・デザインを求めてショート・トリップへ~♪

コペンハーゲン中央駅からエストーに乗ってクランベンボー駅まで行きました。
コペンハーゲン中央駅へ散歩しながら向かう途中、偶然出合ったアンデルセンの像。
アンデルセンの視線の先にあるのは、道路を隔てたチボリ公園です。でも、今は休園中。

f0012154_15303670.jpg


デンマークの各駅は完全にバリアフリーです。
こんな大きなバギーを押していても苦労なく電車に乗ることができるし
殆どの路線で自転車の持ち込みも可能です。
だから電車は大きく設計されていて客室も広々しています。

f0012154_1515521.jpg



なんだか良くわからないまま乗った電車は快速のようなものだったらしく、
クランベンボー駅をあっさり通過して美しい森の景色を抜けて勢いよく飛ばします。
あれぇ?
だけど景色がすごく綺麗なので、まぁいいかぁ。
途中、辺りに民家など一つも見受けられないような森の中に大きなグラウンドがあって、
そこで子供たちが集ってサッカーの試合をしているのに驚いたり
黄葉の美しい森のわき道を、ランニングするカップルの姿に見とれたり
楽しい乗り間違えでした。

しかし、全行程の管理責任者である相方は結構あせっていて、
路線図を広げたりして大変なようでした。あはは、大丈夫だってぇ~♪
そういえばコペンハーゲン中央駅で、私がちょっと気になったものを見に寄り道していたら
附いてきていないことに気づいた相方は、ここでも結構あせってわたしを探したみたいです。
勝手にちょろちょろしないように!と、きつく言われました。笑

f0012154_1538845.jpg


とりあえず止まった駅で降りて、今度はのぼりの電車に乗り換えです。

デンマークの駅には改札がなく、電車の中で時々車掌さんが廻ってきて
チケットを確かめるくらいのアバウトな感じです。
しかし、正直者の相方は降りた駅で今度はのぼりのチケットを買いました。
私は乗り間違えただけだからチケットはそのままでいいんじゃないの?といいましたが
全行程の管理責任者である相方は、トラブルを極力避けるべく、
小さなお金を惜しむようなことはしませんでした。
ほんと、わたしとは性格がかなり違います。
ちなみに血液型、私はテキトーなO型で相方は(時々、妙なところに)生真面目なA型です。


又快速に乗ったら笑えますが、今度はクランベンボー駅に停まりました。
相方さんかなり真剣に乗る電車を吟味(?)していましたので、今度は大成功でした。
駅のプラットホームは外との境がなく、電車を降りるとどこからでも道に出られます。
綺麗な森に続く道を歩きたかったけれど、目指すビーチは方向違いです。


f0012154_1539769.jpg


海が大好きな相方には海の方向を感知する能力があって、ビーチはすぐに分りました。
ベルビュー・ビーチです。
砂浜まで降りていってお目当てのブルーと白の縞々のヤコブセンの監視塔を探しますが
・・・ありません。
おかしいなぁ、埠頭の先にあるはずなんだけどなぁ・・・と、見まわすと
右手の方にこの寒空に泳いでいる人がいるではありませんか。
その人はすぐに桟橋に上がってきました。肌色の水着の女性です。いえ、水着着ていません。
そして左を見ると、男女3人がガウン姿で桟橋を歩いて海のほうへ向かうのが見えました。
ガウンをはらりと落とすと全員ヌードです。
しょえ~、ここってヌーディストビーチなのかも。
北欧や南仏にそんなビーチがあるらしいってきいてはいたけど、まさかこの寒空に。



f0012154_15161819.jpg


遠目がきく私が相方にあれこれ実況解説をしていると
車でやってきた黒尽くめファミリーもビーチに下りてきて一緒に見物。
綺麗な若い女性がわたしのほうを見て「おもしろいね!」って笑いかけてきましたが
おじさんたちは結構真剣に見物していました。
ヌードの3人はちょこっと海につかると桟橋に上がってきて又ガウンを羽織ると
来たときと同じように3人並んでビーチに戻っていきました。
まるで何か禊の儀式みたいです。


ところで、この黒尽くめファミリーはこのビーチに何しに来たんだろう?

f0012154_15163918.jpg


小雨も降り出して寒くなってきたので、ヤコブセンの監視塔は諦めて
ヤコブセン・レストランに行くことにしました。

f0012154_15171561.jpg


ルイスポールセンのアーティチョークライトがいくつも下がっています。
これ見た目以上に高価なのよね。
ヤコブセンのセブンチェアーがいっぱい。
当然オリジナルだし革張りだし、これだけふんだんに並んでいるところは
日本じゃたぶん美術館くらいでしか見れないでしょう。
さすが本場です。一個欲しい。

f0012154_15172477.jpg


天井は高くて気持ちよく、大きなガラス窓にサボテンの組み合わせもジャスト・マイ・テイスト。
シンプルだけどすべてのものがきちんとデザインされていて、
素敵なインテリアにさりげないテーブルセッティング。
いいなぁ、これが見たくてデンマークに来たのよね。

f0012154_1518120.jpg


デンマークといえば、オープンサンド。
オープンサンドを頂きましたが、

f0012154_1517485.jpg

f0012154_15415771.jpg


私のは、あまり美味しくありませんでした。
だって、味のないゆでただけのジャガイモがお皿の上にごろごろのっているだけなんですもの。
ここでクローバを初めて食べました。笑

駅までの道をヤコブセン・デザインの集合住宅など見学しながら散歩して、
車窓を流れる美しい郊外の森や町並みを眺めながら帰りました。
[PR]
by junko73oz | 2011-11-21 19:46 | 11・秋・デンマークとフランスで

コペンハーゲン散歩

運河に沿ってずらりと並ぶレゴブロックで造ったようなカラフルな建物は
すべて食堂(カフェでもビストロでもレストランでもない感じ)です。
どのお店も石畳の道にテントを張ってテーブルを並べています。
結構寒い10月の終わりにも、日が暮れるとたくさんの人がテントの下のテーブルで
ビールやワインを飲みながら、北欧の晩秋の長い夜を楽しんでいました。


f0012154_8111694.jpg


ニューハウンは倉敷の古い町並み保存地区のようなイメージです。
規模もそれくらいで、ちょっとした美術館があるところも同じです。


f0012154_8113411.jpg


ニューハウンを過ぎてストロイエに向かって歩いていきます。
ストロイエはコペンハーゲン市街を東西に走るにぎやかな道で、
世界初の歩行者天国だそう。

f0012154_812296.jpg


アマートーゥ広場にはコウノトリの噴水があります。
そういえばコペンハーゲンの町には、
赤ちゃんにとってとても心地よさそうな大きなベビーバギーをおして
買い物や食事、そしてティータイムを楽しむ赤ちゃん連れの家族がいっぱい。
赤ちゃんを産んで育てる環境がとてもよいのでしょうね。
どこの町を歩いていても、あんなに立派なベビーバギーを使っているのを見たことありません。
それにしても、バギーの中の赤ちゃんの可愛いことといったら・・・天使のような綺麗な髪と瞳。

f0012154_2015671.jpg


さて、アマートーゥ広場にはジョージ・ジェンセンとロイヤル・コペンハーゲンの本店が
隣同士並んで建っています。
ジョージ・ジェンセンはクリスマスを迎えるイルミネーションの準備中でした。
お店の中は馴染みのある見慣れたデザイン、新作の目新しいデザインのネックレスやリングなど
たっくさんのシルバーアクセサリーであふれていまして
シルバーアクセサリーが好きな私は目がきょろきょろ。
新作のリングやクリスマスのオーナメントなど気に入ったものを手に入れ
コペンハーゲンに来た目的のほとんどは達成されました。

f0012154_20151889.jpg


ロイヤル・コペンハーゲンではアフタヌーンティー用の三段トレーが気に入って
手を伸ばしたところ、「一体どこにしまうつもり?」と、
相方にストップをかけられ、それもそうかなとそこでは手を引っ込めたのですが、
後になって「出しっぱなしでもいいじゃない~。もしかしたら明日行くアウトレットにあるかもしれないし、やっぱり買っちゃおう」と思ったのに、時間が無くなって買いそびれました。

旅の途中、買い物で迷ったら買っておこう!と、誰かが言っていたような気がしますが、
二度はないかもしれない旅先でのお買い物のチャンスは、逃さないようにしましょう。


f0012154_20152880.jpg


あぁ~、残念だぁ。安かったのになぁ。
このお店、近かったらなぁ・・・。
[PR]
by junko73oz | 2011-11-19 21:04 | 11・秋・デンマークとフランスで

パリから来たバブーくん、西荻でお店番~♪

 パリ時々バブー のとのまりこさん、西荻でパリの香り満載のイベントを開催中です。
先日のパリ旅行中、お世話になったお友達の「絶対楽しいと思いますから。」とのお勧めで、
いつもの仲良しマダムとこの日初めてお会いしたこちらの方と3人で伺ってみました。
会場では この方とも合流。


会場ではとのさんがフランス各地を廻って集めてこられたブロカントを見るよりも
先ず先に探したのは、可愛いお店番のバブー君。

f0012154_8185625.jpg


お洒落なリード!さすがのパリジャンね。

f0012154_819494.jpg


かわいい~♪
バブー君、とってもお利口に、ファンのリクエストに応えてポーズをとってくれていました。

この日私が選んだのは、とのさんから
「これは、わたしたちの中でかなりの掘り出し物!って言っているものなんですよ。」
といってもらったポット。底を見て、へぇ・・・ジアンなんだぁ。
お値段も格安でした。

写真のちほどUPします。
この日のうれしい「初めまして~♪」と、早速の再会の様子も又後で。
[PR]
by junko73oz | 2011-11-14 08:38


インディアンカントリーへ          


by junko73oz

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
インディアンとカウボーイ
ウチナーンチュ
陶芸睦月
いづみ先生のお料理教室
れいこ先生のLove Letter
hand made
eat
ひるめし前
くらし
あっちこっち
tableware
クリスマス
きのこの山  (1~5)
06・晩夏・上高地で・・・
06・冬・沖縄で・・・
07・春・タイで・・・
07・春・京都で・・・
07・夏・八重山で・・・
07・晩秋・沖縄で・・・
08・春・沖縄で・・・
08・夏・サンタフェで・・・
08・冬・金沢で・・・
09・夏・サウスウエストで・・・
09・秋・ベトナムで・・・
10・春・北東北で・・・
10・春・陶器市で・・・
10・夏・信州で・・・
10・冬・フランスで・・・
11・春・京都と山陰で・・・
11・初夏・信州で・・・
11・夏・沖縄で・・・
11・秋・デンマークとフランスで
12・春・沖縄で・・・
12・夏・沖縄で・・・
12・晩秋・USA東海岸で・・・
未分類

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

ナギヲWorks
小さな哲学~雑想の世界
coruha*のへそ 
stew stew st...
イギリスからヒトリゴト
立呑屋
陶芸 睦月
きままなクラウディア
ガラス工房 橙
ひびこれ・Hibikor...
工房 「一閑」 気まま通信
ナイル商会
ヒマでも食べる
Canvas cooki...
水色の雨
華猫風海
ミルクムーン
ココロ写真
散歩のように旅
食卓の風・・・
裏sanpon
パリ近郊のカントリーライフ
Azumi'sDiary
☆スターフルーツの木の下で☆
ありがとう 人生!~me...
Souvenir~散歩写...
KazのNY庭生活 2
Le Perline ビ...
気ままな読書ノート、絵手...
イギリスのティーウエアー...
施基彩々
nice!nice!nice!
ゆうゆう時間
旅空日記(写真家・三井昌...
クールドミール
パン教室 SpazioF...
+ mellow-stu...
MONO STYLE +
針仕事職人の気ままな仕事場
アメリカ大自然 米国ラス...
peddyのくまちゃん ...
Vie tranquille
 jeudi 日々の暮らし
天までとどけ♪この暮らしっぷり
Butterfly Life
匙屋 + sajiya ...
レンガの小径
LIVINGから
もしもし、聞いてください

外部リンク

出雲の旅行情報

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
ハンドメイド

画像一覧